現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新SUV「ライズ」は爆売れ間違いなし!? ダイハツと共に狙う「受け皿」需要とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタとダイハツの「空白地帯」を埋める2台のクルマ

 2019年11月5日に発売された小型SUVのトヨタ新型「ライズ」およびダイハツ新型「ロッキー」は、全長4m以下のボディを持ち、車体の小ささと室内の広さを両立させたことがセールスポイントとされています。

    【画像】まさにミニ「RAV4」! トヨタ新型「ライズ」がカッコ良すぎる!(51枚)

 一方、2016年11月にダイハツやトヨタなどが発売した小型車「トール」(ダイハツ)、そしてOEM車の「ルーミー」「タンク」(トヨタ)は、2019年現在売れ行きが好調ですが、新型ライズ/ロッキーと共通する点があるといいます。いったい何が共通しているのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2019/11/12 19:37

    違反報告

    爆売れはしなくても、雪国では一定数の需要は見込まれると思うよ。
    ラッシュ&ビーゴの後継としても充分だし。
    ただ、うちの親父はラッシュのMTなんだよなぁ。
  • hi4*****|2019/11/12 22:05

    違反報告

    ダイハツ企画の車は、以前から外観はトレンディだが内装や走りの質感やが軽なんだよね。
    シートの出来なんかも、まあ…
    毎日眺めるダッシュや、腰かけるシートのクオリティは重要だと思うけど、今回はどうなんだろうね。
    まあ、軽専業メーカーということで仕方ないかな。
  • pcc*****|2019/11/12 22:30

    違反報告

    一括で買った私は踊らされてるのか

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン