現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 停電したら愛車で自家発電! クルマを利用した新感覚な防災アイテム

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイカーが発電機車になって送電できる

 東日本大震災や昨今の大雨を伴う台風など、災害による長時間の停電は決して他人ごとではない。東京モーターショーには、最悪の事態に直面したとき愛車を自家発電機に変身させ、情報収拾やライフライン確保に活用できるアイテムが展示されていた。

    "IoT"は高齢者の運転にも活用できる! 『見守りサービス』の有用性とは

 災害から生き残るため必要なモノは多々あるが、水や食料といった生命に直結する物資は支援もそれなりに早い。しかし、電気は復旧の進みが遅いケースも多く、不便な生活を強いられる被災者の姿を報道などで多く見かけた。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pin*****|2019/11/12 17:42

    違反報告

    このためだけに車を乗り換えるんですか?
    もっと今の車を使って何かできるアイテムかと思った。
  • mor*****|2019/11/12 15:32

    違反報告

    千葉県民ですが、今回の台風では被害はありませんでしたが、発電機は持っていますが、何年も動かしていないので、すぐには動かないでしょうね。
    プロパンガスの、発電機を管理組合で理事をやっているときに、買いました。カセットコンロのガスでは無く、プロパンガスです、4キロボンベまでは室内保管も可能ですし、メンテナンスも不要です。
    購入が、プロパンガス取扱店出ないと出来ないので、普及していませんが、地方都市ではプロパンガスが普及しているところも多いと思います。50キロのボンベにつなげば、1週間位使えますよ。
  • nkg*****|2019/11/12 16:17

    違反報告

    直流は問題ないが交流の場合はインバート制御していないと疑似波形になってマイクロウエーブ(電子レンジ)や電気毛布など使えないので注意が必要だ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン