現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「NS250R ロスマンズ」や「RG400Γ ウォルターウルフ」などの限定カラーが大人気に!【日本バイク100年史 Vol.037】(1985-1986年)<Webアルバム>

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

カワサキKMX125 1986 年2 月
市販トレール車としては初の前後ディスクブレーキを装備して、非常に強力でコントローラブルな制動力を実現。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sa2*****|2019/11/12 23:14

    違反報告

    KMX125/200は
    オフ車の世界で初のレーサーレプリカとなる

    当時CR250/500とともにKMX125に乗っていましたが
    XTやXLたちよりも活発な走りとともに
    オンロードでもゆったり走れるスプリングレートで長距離も楽でした

    いまだとKLX230が
    レーサーや過激なレプリカ的までは不要だが積極的に楽しみたい方にぴったりかな~と

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン