現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 注目のコンパクトSUV「ロッキー/ライズ」、上陸間近のVW「T-クロス」と比べてみた

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12

注目のコンパクトSUV「ロッキー/ライズ」、上陸間近のVW「T-クロス」と比べてみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■もうすぐ日本上陸! フォルクスワーゲン「T-クロス」とロッキー/ライズを比べてみた

 2019年11月5日、ダイハツから「ロッキー」、トヨタから「ライズ」という車名で新型コンパクトSUVモデルが発売されました。

    スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 ロッキー/ライズは、全長3995mm×全幅1695mmというコンパクトなSUVとなります。ロッキーはダイハツの滋賀(竜王)工場で生産されるモデルで、トヨタにOEM供給され「ライズ」という車名で販売されます。

 全長4mを切る5ナンバーサイズは、日本での使い勝手に優れたモデルになりますが、ライバル車を見つけようとすると、なかなかこのサイズのSUVは見当たりません。

 日本車では、全長4135mmの日産「ジューク」や、全長4175mmのスズキ「エスクード」がライバル車として名前が上がってきますが、搭載されるエンジンが、ジュークは1.5リッター/1.6リッターターボ、エスクードは1.4リッターターボとなり、1リッターの直列3気筒ダウンサウジングターボエンジンを搭載するロッキー/ライズとは、少し性格が異なります。

 ロッキー/ライズは、ヨーロッパのカテゴリー分けで分類すると「BセグメントSUV」という、いま大流行しているジャンルに当てはまります。そんなヨーロッパ車のBセグメントSUVで注目されるモデルが、2019年内に日本発売予定のフォルクスワーゲン「T-Cross(T-クロス)」です。

 フォルクスワーゲンのBセグメントSUV、T-クロスは、2018年10月に発表、すでに欧州市場では発売されているモデルです。

 日本では2019年10月7日にティザーサイトがオープン、2019年内には発表/発売開始される予定です。

 T-クロスは、116馬力/200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。全長4115mm×全幅1760mm×全高1580mmと、フォルクスワーゲンのSUVとしてはもっともコンパクトなモデルです。

 導入記念特別仕様車として「TSI 1st Plusデザインパッケージ」と「TSI 1st」の2グレードで展開されます。日本での価格は発表されていませんが、ベースとなるBセグメントカー「ポロ」の価格を考慮すると、おそらく230万円から250万円くらいになると推測できます。

■ロッキー/ライズのライバルになる欧州BセグメントSUVとは?

 ロッキー/ライズの全長は3995mm、一方のT-クロスは4115mmと、その差は120mmあります。両モデルとも後席のひざまわりは十分な広さがあり、大人4名乗車でのロングドライブも可能です。

 全長120mmの差は、荷室にあらわれます。ロッキー/ライズは通常時の荷室容量が369リッターなのに対し、T-クロスは455リッター。ロッキー/ライズもサイズを考えると相当広い荷室ですが、T-クロスのほうが86リッター広いことになります。

 ロッキー/ライズは、全長が短いぶん、全高の高さでユーティリティを確保しています。T-クロスの全高が1580mmなのに対し、ロッキー/ライズは全高1695mmと、115mm高くなっています。ヨーロッパ車のBセグメントSUVの全高は、だいたい1600mm前後になっていますが、それよりもロッキー/ライズは100mmほど車高が高くなります。

 ロッキー/ライズとT-クロスのエンジンは、ともに1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。

 ロッキー/ライズのエンジンが98馬力/140Nmの出力なのに対し、T-クロスは116馬力/200Nmと高出力です。車両重量はロッキー/ライズが970kg(FF)、T-クロスの日本仕様の車両重量は未発表ですが、欧州仕様は1270kgとされていて、ロッキー/ライズの軽さが目をひきます。

 組み合わされるトランスミッションは、ロッキー/ライズがCVT、T-クロスは7速DSG(DCT)です。T-クロスがFFなのに対し、ロッキー/ライズはFFと4WDが選択可能です。

 車両価格はライズが167万9000円から228万2000円、ロッキーが170万5000円から242万2200円です。T-クロスの価格は2019年11月現在、発表されていませんが、おそらく230万円から250万円ほどになると予想されます。
 
※ ※ ※

 日本車ではロッキー/ライズのライバルは少ないのですが、ヨーロッパ車にはT-クロスのほかにも存在します。

●ルノー「キャプチャー」

 ルノー「キャプチャー」は、日本では2014年2月に登場したルノーのBセグメントSUVです。全長4135mm×全幅1780mm×全高1585mmで、118馬力/205Nmを発生する1.2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。JC08モード燃費は17.2km/Lです。

 車両価格は274万9000円から285万1000円です。

●プジョー「2008」

 プジョー「2008」は、2014年2月に日本に上陸したプジョーのBセグメントSUVです。全長4160mm×全幅1740mm×全高1570mmで、110馬力/205Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。JC08モード燃費は17.3km/Lです。

 車両価格は274万9000円から305万5000円です。

●シトロエン「C3エアクロスSUV」
 
 シトロエンの「C3エアクロスSUV」は、2019年7月に日本デビューしたばかりのBセグメントSUVです。全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mmで、110馬力/205Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。JC08モード燃費は16.4km/L、WLTCモード燃費は14.7km/Lです。

 車両価格は、通常モデルが263万8000円から279万1000円です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します