現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【絶滅寸前!?それとも生き残れるか!??】「四角いクルマ」の生きる道

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.13

【絶滅寸前!?それとも生き残れるか!??】「四角いクルマ」の生きる道

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 豆腐、角刈り、スマホ……。世の中を見渡すと「四角いカタチ」は浸透している。が、自動車業界ではそのカタチがどうにも根付かないかもしれない。

 先日明るみになった「日産キューブ、2019年12月末で生産終了(販売は来年春まで」の報。これを耳にした時「またか」と思い、「まさか」とも感じた。振り返ると、四角いカタチのクルマが誕生しては消えていく。これが日本車の歴史の一端だ。

    【こんな車もう出ない!?】驚くほどの超個性派!! エポックメイキングな軽自動車 5選

 日産キューブも「またか」の一台に加わるわけだが、「まさか」という衝撃もある。キューブは現行日本車の「四角いクルマの雄」といっていいからだ。売れ筋コンパクトカーのなかで、これほど個性がほとばしるカタチはない。

 そこでモータージャーナリストの清水草一氏に、四角いクルマのキューブの歴史やその魅力を解説してもらうとともに、歴代&現行モデルのなかから、四角いクルマを選出し、勝ち負けをつけてもらった。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部
初出/ベストカー2019年11月10日号

【画像ギャラリー】世界の四角いクルマとこれから出る四角いクルマ

和ダンスが海外ジャーナリストに絶賛された日

■初代キューブ(1998~2002年)

1998年に登場した初代キューブ。スペース効率のいいコンパクトな箱型のスタイルで大ヒット

 初代キューブはよく売れたけど、箱のバランスが崩れた安グルマで、別物だと思っている。

 一方、2代目は、左右非対称のデザインで、バックドアの左側はウインドウだけ。このデザインを見た時はさすがにタマげたね。このキューブは史上初めて成功した和風自動車デザインであり、金字塔なのだ。

■2代目キューブ(2002~2008年)

海外のジャーナリストに絶賛された2代目キューブ

 といっても、初代に続いて2代目も国内販売専用で、和ダンスのような和風デザインが世界に進出することはなかった。

 ただ、モデル末期(2008年)にポルトガルで行われた日産オールラインナップ世界試乗会で、デザインが海外のジャーナリストから絶賛されたこともあって、ついに3代目は海外進出! 北米、欧州、韓国で販売された。

■現行3代目キューブ(2008~2020年)※来年春まで販売する見込み

2012年にMCを受け、キューブはこのようなスタイルになっている。カクカクと四角さが際立つ
 

 でも3代目は、外国人にも理解できるように、和風デザインの純度が落とされていたような気がする。ボディやウィンドウの丸みや無意味なお尻の出っ張りなど、やりすぎな部分が散見された。

 結果は惨敗。イギリスでは一部マニアに人気を集めたというが、やっぱりオタク&変態的な人気にすぎなかったんだろう。現地生産じゃなかったから、値段も高かったし。

 それにしても、あの傑作の系譜が、こんなにいとも簡単に消滅してしまうなんて。日産は自らの遺産の使い方がヘタだなぁ。本当にもったいない。涙が出ます。

日産へ直撃「ズバリ、キューブ生産終了のワケを教えて!」

左右非対称のリア回りがキューブ最大の個性。価格:165万~202万4000円

 清水さんが「本当にもったいない」と涙している。同様になぜキューブが消えるんだ? と涙するユーザーは多いはず。ならばその理由を聞くしかない。日産広報部へ直撃だ。

Q1/1998年に初代キューブが誕生しましたが、その狙いは?

 キャッチコピーは「アソブ、ハコブ、キューブ」。コンパクトボディに多くの荷物を積め、月販が1万台以上の時期もありました。運転のしやすいサイズ感などがお客様に受け入れられたのだと思います。

Q2/2代目になるとガラリとスタイルが変わり、まさにキューブという四角いカタチになりましたが……。

 はい。デザインは「一番いいシカク」を作ることを目指しました。具体的には「あっと驚く」個性的なデザイン、「クルマらしく」愛着の湧くデザインですね。

Q3/左右非対称のガラスエリアデザインなど、あっと驚きました。3代目はどんなデザインでしたか?

 2代目のイメージを引き継ぎながら、クルマのスペックで競うことなく個性的なデザインで、存在そのものが他車と一線を画したクルマ、という立ち位置ですね。

Q4/ユーザーからの評判はどうでしたか?

 先代同様、個性的なパッケージングデザインなどが好評をいただいていました。

Q5/2~3代目ともにパッケージングデザイン、つまり四角さがユーザーに好評なのに、なぜ生産終了なのですか?

 ……理由につきましては、ご回答致しかねます。

Q6/現行型は11年間ほったらかし状態でしたが、次期型の開発計画もあったのでは?

 それも回答致しかねます。

Q7/コンパクトカーのラインナップを減らすなら、個性の強いキューブよりマーチという感じもしますけど?

 今回の生産終了はラインナップを減らす意図ではありませんから……。

Q8/最後にキューブを含め日本では四角いクルマが根付きません。なぜでしょうか?

 キューブのお客様の購入理由の多くが「四角いスタイル」。四角いという個性は愛されていたと思うのですが……。

2012年にマイナーチェンジしたモデルのインパネ。四角さと丸さが同居するオシャレな雰囲気。基本設計が古いという事実はあるが、キューブにはほかにない強烈な個性がある

その形は受け入れられたのか? 四角いクルマは何勝何敗?

「日産キューブ、なぜ消えちゃうんだ~」と涙ながらにお届けした後は、「日本の四角いクルマは何勝何敗か?」をお届けしよう。

 歴代&現行のなかから四角いスタイルのクルマを14台選出。清水草一氏に「デザインの観点、ニーズに合っていたの?」などで勝ち・負けをつけてもらった。……とその前に、清水氏に「四角いクルマが消えゆくワケ」を述べてもらった。

 本格派クロカンを除くと、四角い乗用車というのは、日本以外ではほぼあり得ない。四角っぽいと遅そうに見えるし、荷物運搬用にも思える。

 そんな乗用車をわざわざ買う感覚がないのだ。四角いクルマにシンプルな合理性や美を感じるのは、日本人特有の感覚だと考えてもいいだろう。

 だから、四角いクルマは基本的に日本専用! ミニバンや軽ハイトワゴンが代表ですね。それ以外はたいていグローバルモデルなので、日本より海外のほうで数が売れる。すると、たとえ日本で人気があっても、四角いデザインはだんだん消えていかざるを得ないのだ。

 希望は、いつか海外にも四角いクルマ人気が伝播すること! スシ人気みたいになるといいなあ。

 ここからは、14台の四角いクルマを清水草一氏に判定してもらいましょう!

■台形基調の「恋愛仕様」で勝ち!

 ホンダS-MX(1996~2002年)/判定:勝ち

 初代ステップワゴンで火がついたミニバン人気を、若者向けのデートカーに仕立てたところが超エポック。なにしろ「恋愛仕様」だったんだから。とても時代に合ってたし、台形基調のデザインもよかったし、売れたよね。それが一代で消えてしまったのは「時代と寝たから」ですね。

■ハマーH2のパクリ(⁈)で負け

ホンダクロスロード(2007~2010年)/判定:負け

 デザインもコンセプトも中途半端。上級移行したCR-Vの穴を埋めるべく、国内向けに作られた都会派SUVだが、見た瞬間、当時ブームだったハマーH2のパクリを連想セリ。新しさはまったくなかったし、デザイン的な機能美も感じなかった。しかも販売不振で3年半で消滅。

■中途半端ゆえ心に刺さらず……負け!

  トヨタカローラルミオン(2007~2015年)/判定:負け

 カローラルミオンはホントは初代bBの後継車。アメリカではこれが2代目bB(北米名サイオンxB)だった。

 それを日本向けに仕立てたのがルミオンだ。でも、ワイルドでも合理的でもないし、3ナンバーだし、日本じゃなにもかもが中途半端。なにより日本人の心に刺さるものがなかった。

■3年で消えたがコンセプトは斬新!

ホンダエレメント(2003~2005年)/判定:勝ち

 アウトドア感満点のデザインはとってもスタイリッシュ。北米ではそれなりにヒットして、1代限りながら9年間も販売された。

 一方、北米から逆輸入された日本ではまったく売れず、たった3年で消滅。でも、デザインやコンセプトは斬新だったし、発展性もあったと思うであります。

■どことなく「教科書に載ってる不良」で人気者に

トヨタbB(初代)(2000~2005年)/判定:勝ち

 初代bBは、シボレーアストロなどアメリカのミニバンがモチーフ。サイズを日本向けにぐっと小さくして、シンプルで実用的なトールワゴンに。カスタマイズのベースとも考えられていた。

 どことなく「教科書に載っている不良の図」的なイメージだったけど、大ヒットでした。

■レトロ×未来的×お買い得。でも売れず…

トヨタFJクルーザー(2006~2018年)/判定: 勝ち(心情的には)

 ランクル40をモチーフにしたレトロカーではあるけれど、レトロカーでありながら未来的でもあり、出色のデキだったと思います。

 お値段もベースのプラドよりぐっとお安くて超お買い得。なのになぜ売れなかったのか? やっぱり遊び心が効きすぎだったかな。難しいところですね。

■中古人気が根強くまさに逆転勝ち

日産ラシーン(1994~2000年)/判定:逆転勝ち

 登場時から「ラシーン、いいな」という人は多かったと推測。私もそうでしたから。

 でも売れなかったのは全高が低くてスタイリッシュすぎたから? もうちょい全高が高くて機能的なら売れたかも。でも、いまだに中古車人気は根強い。やっぱカッコいいからね。

■カクカクシカジカで負けました

ダイハツムーヴコンテ(2008~2017年)/判定:負け

 非常にシンプルな四角いフォルムで、ムーヴより売れてもおかしくなかった気もするがダメでした。

 ただ四角いだけで微妙な抑揚が欠けていて魅力的な四角には見えなかったけれど、それが理由で売れなかったとも思えません。不思議です。

■角型は続かず……3代目で敗北?

初代日産エクストレイル(2000~2007年)/判定:勝ち(だけど負けた)

 SUVの源流はジープなので本来は箱型。その本流に従ったコンパクトSUV。初代はシンプルな造形で特に日本で人気。

 2代目も超キープコンセプトでよく売れた。でも3代目はグローバル化に従って丸っこくなりました。売れてたのに……。まさに角型の敗北。

現行モデルの四角いクルマたちはどんなものがある?

■迷いが一切なく基本にド忠実

スズキジムニー(2018年~)/判定:大勝利

 SUVの基本であるジープ的な原点に立ち返った、ものすごく武骨でものすごくシンプルなデザイン。

 迷いが一切ないところがスバラシイ。右下のハスラーと出発点は同じだけど、ハスラーとは真逆の方向性で超魅力的。ここまで基本にド忠実で機能的だと、誰も何も言えません。参りました。

■これが四角の大傑作!

ホンダN-BOX(2017年~)/判定:大勝利

 四角でありながら、オーバーフェンダーの張り出しなどでしっかり自動車であることも主張する、素晴らしいデザイン。

 初代からのキープコンセプトとなる2017年9月に発売したホンダの現行第2世代N-BOXは、この2019年9月末まで25ケ月連続で軽自動車&四輪総合トップセールのポジションを堅持している。

 平らに見えるパネル面も、ちゃんと微妙な膨らみや張りがあり、動感があって魅力的。四角いクルマのデザインとしてひとつの究極。四角の大傑作だ!

■基本の四角のなかに適度なギャグ感や遊び心

スズキハスラー(2013年~)/判定:大勝利

 SUVの基本はジープ=四角。その基本に沿いつつ、適度なギャグ感や遊び心を盛り込んで柔らかくして、ものすごく魅力的に仕上がっている。

 フォルム的には四角いけれど、四角をあまり感じさせない、ソフトさに満ちている。見ているだけで楽しいデザインで、スバラシイです。

 さらに東京モーターショーで発表された新型ハスラーはさらに四角くなっている。新型ももちろん大勝利であります!

2019年12月に発売予定の新型ハスラー。現行ハスラーよりさらに四角くなっている

■いくらなんでも背が高すぎたのか?

ダイハツウェイク(2014年~)/判定:負け

 デザインはシンプルで魅力的なんだけど、なぜ売れないのでしょう。確かに背が高すぎて、その分コケないように足をガチガチにしている。

 いくらなんでも背が高すぎたのか? 軍用車的に武骨に見えたのか? デザインもパッケージングも、非常に見どころはあるのですが……。

■「脱力感」で勝負したが抑揚なさすぎ

ダイハツミラトコット(2018年~)/判定:負け

 ムーヴコンテの後を継ぎつつ、今度は「脱力感」で勝負している。しかし現実には、コンテで感じた抑揚のなさが引き継がれている。

 シンプルというより、フォルムが単純すぎて魅力がないのだ。「四角けりゃいいってもんじゃないことがなんとなく理解できる」いい材料ではないでしょうか。

 ※   ※   ※   ※   ※

 さて、清水草一氏が独断と偏見で判定しましたが、いかがだったでしょうか? ちなみにトータルの結果は、四角いクルマの9勝5敗でした。意外や意外、立派なもんです!

【画像ギャラリー】世界の四角いクルマとこれから出る四角いクルマ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 小野正樹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pyo*****|2019/11/13 04:31

    違反報告

    四角い車はスペース効率が高い。よって絶滅危惧種どころか最後まで生き残るスタイル。
    キューブが自滅することとは別問題。
  • t19*****|2019/11/13 03:50

    違反報告

    キューブe-powerこそ、今の日産に必要な車種だと思うんだけどなぁ?
    あの形でリアスライドドアなら、子育て世代のニーズにハマるのに?
    その上の車種で、いまプレイリーかリバティあたり出したら、市場が求めてるニーズに合致すると思うんだけどなぁ~
    今の日産車は、日産ユーザーでさえ欲しいと思うクルマが無い…。
  • tck*****|2019/11/13 05:52

    違反報告

    確かに現行キューブは、出てから長いし、おそらく燃費向上にも限界があるんだと思うけど、この様な四角い形の車の居住性はナカナカ良いし、無くなってるのは残念。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します