現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【捲土重来で王座奪還を目指す】2020年上半期最注目車 新型フィットは売れるのか!???

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第46回東京モーターショー2019のホンダブースには、次期フィットのプロトタイプが出展された。本来なら現時点で受注していていいハズだが、実際はそうなっていない。

 発端はN-WGNの電動パーキングブレーキに不具合が生じて、生産が滞ったことだ。同じユニットを次期フィットも使うから、発売スケジュールが2020年2月に先送りとなった。不具合はどうにか解消されたので、顧客を待たせているN-WGNの生産を優先させ、その後に次期フィットへ移る。

    【こんな車もう出ない!?】驚くほどの超個性派!! エポックメイキングな軽自動車 5選

 従って現時点で公表されている情報は限られるが、モーターショー会場で実車は確認できた。「新型フィットは売れるのか」を考えたい。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bea*****|2019/11/13 01:36

    違反報告

    最初はナニコレと思ったが、見慣れると先進性もあり好感を
    持ち始めた。またe:HEVも魅力たっぷりで売れそうに思います。
    モーターショー展示車が白だったので、
    多彩なカラーバリエーションで違ったイメージになるのでは?
    ヤリスも良いけど、狭そうに思える。
    ノートは古いし、e:HEVが発売されたら
    e-powerは過去の存在でしょうか。
    フィットe:HEVを早く試乗したい。
  • b02*****|2019/11/13 01:36

    違反報告

    かっこ悪い。
    なぜこんな顔になったのか?
    大した性能などなく、コンパクトさが売りな車種だから、せめて顔くらいかっこよくしろよ。
  • kop*****|2019/11/13 01:29

    違反報告

    このデザインじゃ無理。
    旧型フィットは一見カッコイイけど、よく見ると古くさく、しかも秀でる性能がない。
    パンパンに張った大きく見せるホンダデザインは、3ナンバーが偉く見えた時代の遺物。
    ただのコンパクトカーでしかないのなら、ホンダユーザーは同じホンダの軽を選ぶでしょ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン