現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 食品のトラック輸送合理化策を関係者で検討へ 国交省

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、トラックドライバー不足が大きな社会問題となっている中、食品流通の合理化対策を検討する。

トラックドライバーの人材不足が深刻化する中、物流に関する課題がある中でも特に喫緊の対応が求められる食品流通(花き流通を含む)について、関係者の相互理解の下、サプライチェーン全体で一貫した合理化対策を検討する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

県知事、市町村長などの地方自治体、発荷主、物流業界、着荷主の団体などで構成する「食品流通合理化検討会」を新設して、具体的な検討に入る。11月11日に1回目の検討会を開催する。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gpz*****|2019/11/11 23:47

    違反報告

    生きていくだけで精一杯な超低賃金なのに
    週休1日・残業100時間オーバー・有給なんかインフルエンザにでもならないと2日と使えない
    ような食品運搬のドライバー職になりたい人などまずいないでしょう。
    キツイけど食える職だった頃みたく
    表現が古いけど給料袋が立つ位もらえるなら
    劇的に人不足は改善するんじゃない?

  • ayu*****|2019/11/12 05:51

    違反報告

    これ、一番の問題は荷受け側のキャパオーバーなんだよ
    24時間受入可能になれば順番待ちも激減するし順番取りの為に開始の何時間、下手すりゃ半日も前に行って待ってなくてもよくなる
  • xjo*****|2019/11/12 07:06

    違反報告

    お偉いさんが いくら話し合っても机上の空論
    1回現場に出てやって見ればいい!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン