現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWがレベル4相当の自動運転の試乗会を開催 今後の導入ビジョンとは?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“駆け抜ける歓び”をキャッチフレーズに掲げるBMWは、実は自動運転に関して積極的なメーカーでもある。今夏には日本で販売されるクルマとしては初めて、“手放し運転”を可能とした「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載したモデルを導入した。新型3シリーズを皮切りに、8 シリーズクーペ&カブリオレ、X5などにも搭載されており、対象モデルは順次拡大している。ちなみにこの機能は自動運転レベルにおいてレベル2と呼ばれるものだ。

BMWオートマチックドライブ|BMW Automatic Drive

    一見ハデなようで欧州コンパクトの良心! EVまで揃うプジョー208をさっそく試した

BMW7シリーズをベースにした自動運転プロトタイプ車。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン