現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これがトヨタの力だ! 世界の自動車業界を震撼させた技術5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.10

これがトヨタの力だ! 世界の自動車業界を震撼させた技術5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 当たり前の存在となったハイブリッドカーの先駆者

 トヨタという自動車メーカーは「石橋を叩いても渡らない」など、保守的なイメージが強い人も多いかもしれない。しかし世界初、日本初といった技術も少なくない。これまでトヨタが世に送り出してきた技術を振り返ってみよう。

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

 1)ハイブリッドカー

 今では当たり前のものとなったハイブリッドカーは、トヨタが1997年登場の初代プリウスで実用化した技術である。1.5リッターガソリンエンジンを積む当時のカローラの2倍の燃費を目標に開発された初代プリウスは、現代のトヨタのハイブリッドカーにも通じる駆動用と発電用のモーターを持つ2モーターハイブリッドを搭載。当時未知のものだったハイブリッドシステムの開発は、フィーリングや信頼性、耐久性の確保などに加え、かなりの短期間で行われたものだったこともあり、困難の連続だったという。実際発売後のトラブルも少なくなかったようだ。

 しかし初期モデルのトラブルに対しては、特別なサービス体制やバッテリーを永久保証にするなど、顧客満足度を第一に考えるトヨタらしい対応で乗り越え、信頼も得た。ただ当時はガソリン価格が安かったこともあり初代プリウスはそれほど売れず、収益が良くなかったのも事実だった。

 だが「ハイブリッドは将来基幹技術となる」と判断したトヨタは初代プリウス以降エスティマやハリアーなど、ハイブリッドカーのラインアップを徐々に拡充。さらに2003年登場の2代目プリウスのモデルサイクル後半にはガソリン価格の高騰も追い風になり、プリウスは徐々に人気車に成長した。

 そして2009年登場の3代目プリウスではリーマンショック直後の不景気を敏感に察知し、205万円からという激安価格としたこともあり爆発的にヒット。以降ハイブリッドは多くのトヨタ車にラインアップされるようになり、他社も含め日本車では当たり前の存在となった。

 2)燃料電池車

 燃料電池車は、水素と酸素の化学反応でできた電気で走る。そのため排出されるのは水だけということもあり、究極のエコカーと呼ばれる存在だ。その反面水素タンクなど超高レベルの強度や精度が求められるため、コストの高さやインフラ整備など、実用化のハードルも非常に高いのも事実ながら、トヨタは2014年にMIRAIで実用化。しかも価格は700万円台(国からの補助金も約200万円!)と現実的な範囲かつ、内容や生産台数などを考えれば激安なこともあり、世界中の自動車メーカーを震撼させた。

 現行MIRAIがまだメジャーな存在でないのは否めない。しかし東京モーターショーに出展され来年末に市販化される次期MIRAIは、エコカーという前にエモーショナルな魅力あるクルマとして選んでもらえる存在を目指し開発されているとのことで、燃料電池車普及の牽引車として大きな期待が掛かる。

 安全性を高める機能や便利なデジタルメーターも積極的に開発

 3)トラクションコントロール

 滑りやすい道などでの駆動輪の空転を抑え事故防止に寄与するトラクションコントロールは、1987年登場の8代目クラウンが日本初である。初期のトラクションコントロールは過剰制御な部分もあったものの、1993年登場の2代目スープラでは電子制御スロットルを組み合わせたスリップコントロールと呼ぶものに発展。スリップコントロールは駆動輪となる後輪の力を100%近く使うというコンセプトを持ち、スポーツ走行の際の武器になるほどのものに進化した。

 4)VSC

 横滑り防止システムと呼ばれるアンダーステアやオーバーステアによるコースアウトなどを防ぐ安全装備は、1995年登場の2代目クラウンマジェスタの4WDで、トヨタがVSCと名付け日本で初めて実用化した。ちなみにこのタイミングはメルセデス・ベンツが世界で初めて横滑り防止システムを実用化した直後だった。横滑り防止システムは自損事故の減少に大きな貢献を果たしたほか、コストダウンが進んだ現在では当たり前の装備となった自律自動ブレーキの重要な基盤のひとつにもなっており、2代目クラウンマジェスタは歴史に名を残すべき存在といえる。

 5)デジタルメーター

 かつてハイソカーと呼ばれたクルマたちでよく見たデジタルメーターは、1981年登場の初代ソアラが日本車初採用だ。当初のデジタルメーターは未来感こそあったものの、「チカチカして見にくい」などの評価も少なくなかった。しかし将来的な低コスト化や発展性といった可能性を信じたトヨタは、デジタルメーターが遠くに見えるように工夫し、疲労軽減に配慮したスペースビジョンメーターにするなど、コツコツと手を加え続けた。

 一時期デジタルメーターは装着車が減った時期もあったが、初代プリウスや1999年登場の初代ヴィッツといった量販車に再び採用されはじめ、今では他社も含め珍しくないものとなった。

 トヨタが初めて実用化した技術を見ると、トヨタの「熟考の末やると決めたことは時間を掛けてでもやり続け、かならずものにする」というよきDNAがよく分かり、この点は何事でも見習うべきことである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 永田恵一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します