現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 楠みちはる〈僕のバイク道・漫画道〉第12回「オートバイを小道具から相棒に」/『あいつとララバイ』完結30周年記念企画

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.9

楠みちはる〈僕のバイク道・漫画道〉第12回「オートバイを小道具から相棒に」/『あいつとララバイ』完結30周年記念企画

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコメ路線でオートバイ色は控えめに。初期の「ララバイ」の読者受けはイマイチだった。人気アンケートでは下から数えた方が早い順位が続いた。
 
©楠みちはる/講談社 ※全ての写真及び記事の無断転載を硬く禁じます。

第12回「オートバイを小道具から相棒に」
当時、ブームだったラブコメは楠先生の描きたいものではなく、人気も低迷。

    アストンマーティンが発表したバイクがスゴすぎた!

「連載前にボツになってしまったネームの方が良かった、などと泣き言を並べてみても仕方がない。人気を取るために微調整を重ねていきました」。

自分の作品になるよう、描きたいものになるように「ララバイ」は変る。Z2を少しずつ手を加えてチューンしていたときと同じだ。

「まずネームをやめる。ネームは絵コンテで設計図ですから、描いていてツマラナイ。原稿に直に描く、アドリブの一発描き。作品の構成力は落ちるがライブ感は出るはず。さらに、担当さんとの打ち合わせは雑談で済ます」。

ネームや打ち合わせをやめたことがキャブやエンジン周りのカスタムであるとすれば、集合管にあたる大きな変更があった。

「編集部のいやがるオートバイを少しずつ前面に押し出し、小道具から相棒に変えてゆく」。

「ララバイ」はラブコメからオートバイ漫画になった。

「明けて82年。アンケートは6位。『よし』と思ったら翌週は8位、次は6位、8位。人気はBクラスで安定するようになり打ち切り要員から離れます。1月末単行本1巻発売。

週刊連載を1人で描くのも限界になり、仕上げに1日だけヘルプが入るようになります。決まったアシスタントではなく、その時その時、担当さんが連れてきました」。

単行本1巻が出た日。楠先生の部屋に一人の男が現れた。「バリバリ伝説」の連載を開始する前の、しげの秀一先生である。

(以下、第13回「刺激しあう二人の夜」をお楽しみに!)

過去の回はこちらからご覧いただけます。
「あいつとララバイ ファンブック」(モーターマガジン社)好評発売中
楠先生がしげの秀一先生との様々な出来事を書き下ろしてくれた「僕のバイク道・漫画道」完全版など盛り沢山の内容です。
 
■A4変型ワイド版・オールカラー164ページ
■定価:1527円+税

Amazonでもお買い求めいただけます。

あいつとララバイ ファンブック (Motor Magazine Mook)
あいつとララバイ ファンブック (Motor Magazine Mook)
posted with amazlet at 19.11.01

モーターマガジン社 (2019-10-30)
売り上げランキング: 39

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します