現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【アクティトラック生産終了へ!】素晴らしき技術の塊! 軽トラックは日本の宝だ

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1977年に初代が発売されたホンダ「アクティトラック」。ホンダ初の4輪モデル「T360」や、1967年に発売された「TN360」の後継モデルにあたる軽トラックだが、2021年6月にその歴史に幕を下ろすことが明かされた。

 日本独自の軽トラックというカテゴリーのなかでも、個性的な設計で存在感を示していたアクティトラック。今回はライバルであるスズキ「キャリイトラック」、ダイハツ「ハイゼットトラック」などと比較しつつ、いかに日本の軽トラックが独自に進化を遂げ、優れた製品であるかを紹介したい。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kik*****|2019/11/10 07:29

    違反報告

    ホンダが軽トラックから撤退となるとホンダのアクティ ユーザーが スズキ ダイハツに流れる
    ホンダディーラーから他メイカーに顧客を奪われるのは間違いない 利益優先ばかり考えると 未来はない ホンダの技術があれば 次世代の軽トラをぜひ発売してほしい。
  • sea*****|2019/11/10 07:40

    違反報告

    八千代を買い取ってこれはない話しですね!!

    リコールばかり出すメーカーになっているし、値段と中身があってない車両ばかり、エンジンのホンダも何処えやら??
  • fgd*****|2019/11/10 07:37

    違反報告

    農道のポルシェ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン