現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 怒濤EICMA・XTにはクルーズコントロールも。V-STROM1050を解析

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EICMAにてアンベールされたSUZUKIのアドベンチャーツアラーV-STROM1050/XT。そのスタイルが1988年に発売されたDR750Sをモチーフにしていることはすでに速報でお届けした通りだが、ではその性能はどうなのだろうか。

[ アルバム : EICMA撮り下ろし! はオリジナルサイトでご覧ください ]

    アストンマーティンが発表したバイクがスゴすぎた!

電子機能満載のハイテクマシン
開発コンセプトは「The Master of Adventure(冒険の達人)」。街中から高速道路を抜け、山岳地帯のワインディングまであらゆる場面で快適に走りを楽しむことができる、まさにスポーツアドベンチャーツアラーだ。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • z32*****|2019/11/08 22:30

    違反報告

    DRを起源とするアドベンチャーモデルの宝であるアイコン「怪鳥」をアップデートしながらしっかりと受け継がせてるあたり、素晴らしいと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン