現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOがハーバードビジネススクールで教鞭を執る!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8

ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOがハーバードビジネススクールで教鞭を執る!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月5日、ランボルギーニはステファノ・ドメニカリCEOがハーバードビジネススクールのエグゼクティブ教育プログラムのゲストスピーカーとして参加したことを報じた。

サンタアガタ・ボロネーゼの企業をグローバルな高級車業界のベンチマークへと導いた原動力について議論

    同乗者を退屈させない! データシステム テレビキットにマツダCX-30用が追加ラインナップ 【CAR MONO図鑑】

 ハーバードビジネススクールで、ステファン・トムケ教授が指導するエグゼクティブ教育プログラムには、世界中から選ばれた143名のエグゼクティブが参加している。このたびゲストスピーカーとして招かれたドメニカリCEOは、ゼネラルマネジメントプログラムの受講者にランボルギーニの歴史を紹介するとともに、イタリアはサンタアガタ・ボロネーゼの企業をグローバルな高級車業界のベンチマークへと導いた原動力について議論した。


 ランボルギーニは2017年にドメニカリCEOのリーダーシップのもと、初めて収益が10億ユーロ(約1200億円)に達した。2018年にはスーパーSUV「ウルス」の発売により、収益は前年の10億900万ユーロから40%増となり、14億1500万ユーロ(約1710億円)を達成。2019年にはウルスの販売好調により、世界で8000台を超える車両がデリバリーされる見通しで、そのうちの70%が新しいカスタマーに届けられる。

 ランボルギーニのソーシャルメディアのフォロワー数は世界中で3800万人を超え、インスタグラムのフォロワー数は3年間で数百万人から2320万人に増加。そのほか、デイトナ24時間とセブリング12時間の両レースを同年で勝利を挙げた、世界で唯一の企業となるなど、そのプレゼンスは年々高められている。


 ドメニカリCEOは次のようにコメントしている。
「卓越性に優れたメイド・イン・イタリーの代表として、この世界でも有数の組織から招かれたことは、当社にとって非常に名誉なことです。今やランボルギーニはテクノロジー、デザイン、イノベーションのパイオニアであるのみならず、ラグジュアリーセグメントの真のトレンドセッターになりました。」

 また、駐ボストン・イタリア総領事のフェデリカ・セレーニ氏は次のようなコメントを寄せている。
「ランボルギーニCEOが本日ボストンで行ったミーティングにより、アメリカでイタリア企業に関する理解を深めることができました。イタリア企業、とくに自動車業界は、パッション、伝統、研究、イノベーションを独創的な手法で融合させています。研究と技術革新のカテゴリーで世界最先端であるボストンで、ランボルギーニの歴史・未来ともにアメリカの一流大学生たちが興味を喚起したことは、驚くべきことではありません。」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します