現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの燃料電池搭載、初の港湾向けトレーラー発表…ミライ と同じシステム

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.9
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車(Toyota)の北米部門、トヨタモーターノースアメリカは11月6日、米国カリフォルニア州において、水素燃料電池搭載の港湾向けトレーラーヘッド、『ウノ』を発表した。

ウノは、米国のフェニックスマリンサービスに導入された。トヨタの水素燃料電池システムを、港湾でコンテナの牽引に使用する「UTR」(ユーティリティ・トラクター・リグ)に搭載している。水素燃料電池システムを搭載したUTRは、初めてという。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ロサンゼルス港のフェニックスマリンサービスのターミナルでは、年間100万個以上のコンテナを取り扱う。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン