現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【グループAの名車10】カローラFX(AE82)はコーナリングマシン。1.6Lクラスでシビックと勝負!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代カローラFX(AE82)は、レビン・トレノ(AE86)の陰に隠れがちだが、トヨタの人気モデルだった。コンパクトなハッチバックで、ちょっとナンパなイメージもあったが、GT系に搭載されるエンジンは1.6L直4DOHC の4A-GELU型で十分にスポーティだった。そしてグループAでも上位に割って入る速さを見せた。

コンパクトなハッチバックに190psのパワー!
カローラFXのノーマルエンジンスペックは最高出力130ps/最大トルク15.2kgmというもの。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sor*****|2019/11/08 13:20

    違反報告

    この頃はスターレット、カローラⅡ3兄弟、
    そしてカローラFXを足すと、今で例えるなら
    アクアくらいに見掛けたね。
  • kei*****|2019/11/08 14:37

    違反報告

    Gr.A時代のコンパクトスポーツは、このFXをはじめ、どれも非常に魅力的な車が多かったと思います。
    性能面から見れば今の車より劣りますが、軽さとよく回るエンジンの組み合わせは、今でも十分価値のあるものだと思います。いまだにこの頃の車に強い魅力を感じてしまいますねー。
  • tyk*****|2019/11/08 15:04

    違反報告

    20数年前に先輩からもらったFXを思い出しました。H150一巻き半カットにカヤバのショック、触媒レスのスポーツマフラー入れて白バイに捕まったっけ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン