現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 怒濤EICMA・実は250もあった、KTM 250アドベンチャー

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日お届けした390アドベンチャーには、日本の排気量セグメントに有利な250ccもラインアップされていることが発表されている。

RCや、DUKEと同様の250・390の兄弟車ラインアップということになる。EICMAで激写した390アドベンチャーをベースに、解説していこう。

    カワサキが電動スポーツバイクをサプライズ公開!【EICMA 2019速報】

250ccユニットは、単気筒のバランサー入りDOHC。扱いやすさと、スポーツ性あふれるKTMの名エンジンだ。スリッパ―クラッチをスタンダードで装備しており、不要なバックトルクを逃がしてくれる。

ダウンマフラーは、兄貴分の790などと同様に出口で上に曲がるスタイル。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン