現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 市販化決定!? 東京モーターショー2019登場モデルから解説

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『月刊自家用車』12月号

発行:内外出版社

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

定価: 880円(本体800円+税)

来場者数が130万人を超えた今回の東京モーターショー2019。モーターショーには多くのコンセプトカーやニューモデルが出展していたが、特に人々の注目を集めたのは、これから市販化される可能性の高いモデルだろう。

『月刊自家用車』12月号では、東京モーターショーでそのベールを脱いだホンダの新型『フィット』やスバル『レヴォーグ』など、市販化前提の有力車をフィーチャー。新型と現行型との相違点なども比較検証。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン