現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃費向上の施策が影響したメルセデス・ベン予想を超えたアウディA7の実力が際立ち、メルセデス・ベンツCLS450は燃費向上の施策が影響!?【清水和夫のDST】#99-3/4

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.8

燃費向上の施策が影響したメルセデス・ベン予想を超えたアウディA7の実力が際立ち、メルセデス・ベンツCLS450は燃費向上の施策が影響!?【清水和夫のDST】#99-3/4

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number 99(SEASON.11):4ドアクーペの世界を切り拓いたCLSと追随する強力なライバル、A7が対決!!

    加速性能ではメルセデス・ベンツCLSが上まわり、減速性能では強烈な効きでアウディA7が勝利【清水和夫のDST】#99-2/4

アウディA7スポーツバック 1stエディション vs メルセデス・ベンツCLS450 4マチック・スポーツ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト


●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

メルセデス・ベンツ CLS 450 4マチック スポーツ vs アウディ A7スポーツバック 1st エディション(ウェット旋回ブレーキ編)【DST♯125-05】



タイヤコンデション

MERCEDES-BENZ CLS450 4MATIC SPORTS

フロントより30mm幅広となる275扁平のリアタイヤを履き、それがCLSのキャラクターに似合っている。乗り心地は上々で、その運動性能とよくバランスされているものの、ウェット性能は気になった。

 

AUDI A7 SPORTBACK 1ST EDITION

ピレリPゼロの荒れた路面での硬さが気になった。ランフラットではないものの、指定空気圧が270kPaと高いことが原因しているのかもしれない。それでもウェット性能は抜群で、安心して走れた。

燃費向上の施策が影響したCLS450、予想を超えたA7の実力が際立った



MERCEDES-BENZ CLS450 4MATIC SPORTS

制動距離:65.5m(★★★☆☆)

CLS450はラジアルタイヤを履き、残溝は6mm以上だったものの、ウェット性能はあまりよくなかった。ブレーキとステアリングを同時に操作すると、まずフロントタイヤがドリフトアウト気味になり、ストッピングパワーもあまり高くない。結果的には4輪ドリフトアウトとなり、ラインの外に向かって停止した。4輪のタイヤ荷重を測定すると、CLS450は右前と左後が重かったが、コーナーウェイトのアンバランスが影響を及ぼしたのかもしれない。最近、転がり抵抗を低くするタイヤが増え、ウェット性能が犠牲になっている傾向がある。ステアリングを先行させるテストでは、制動距離が少し長くなってしまった。



AUDI A7 SPORTBACK 1ST EDITION

制動距離51.3m(★★★★☆)

加速テストではCLS450に水を空けられたA7だが、ウェットの旋回ブレーキテストでは最高のパフォーマンスを発揮した。1.9トンもある重量級の巨体が短い距離でしっかりと止まり、しかも正確なライントレース性を示した。タイヤのウェット性能も申し分のないレベルで、とにかくステアリング操舵が正確にでき、操作にも忠実だ。2回目のテストではステアリングを先行させて低μ路特有の誤判定テストを行ったが、1回目とデータ的に大きな差はなく、そのロバスト性に問題は一切なかった。とにかくA7のABSは緻密に制御されており、タイヤのウェット性能は第一級の性能だと評価できる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB CARSMEET web編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します