現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルグワーナー:電気自動車向けの革新的な 「トルクベクタリング・デュアルクラッチ」システムを開発

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

ボルグワーナー:電気自動車向けの革新的な 「トルクベクタリング・デュアルクラッチ」システムを開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルグワーナーは、電気自動車向けの革新的なトルクベクタリングシステムを開発した。

 通常、電気自動車は2台の電気モーターを必要とするが、この新しいシステムを利用すれば1台の電気モーターのみで駆動する。コスト効率に優れたソリューションで、コンパクトに設計されているため、軽量であり、車両内の必要なスペースを大幅に縮小することができる。

    川崎重工:ボッシュの二輪車向け先進運転支援システムを日本の二輪車メーカーとして初採用

 ボルグワーナーは、AWDおよびカップリングの専門知識とポートフォリオを活用し、新しく本製品を開発した。このユニットは、電動ドライブラインにおいて、従来型のディファレンシャルの代わりにふたつのクラッチ(内部と外部にひとつずつ)を利用している。従来型のトルクベクタリングシステムではリアに高価で重量のある電動モーターが2台必要だが、ボルグワーナーの技術はドライブラインにおける重量削減とスペースの縮小化を図り、車両の全体的な効率を高める。

 ボルグワーナー・パワードライブシステムズの社長兼事業本部長であるステファン・デメール氏(Stefan Demmerle)は「トルクの損失を最低限にとどめ、エネルギーを節約し、必要なコンポーネントが少ない当社の新しいトルクベクタリングシステムは、当社の電気自動車向け製品開発の取り組みを進展させていることを示すものです。ボルグワーナーは、業界が電動化の未来に向けて進んでいる中でお客様が必要とされる幅広い知識とノウハウを備えています」と述べている。

 電気自動車の操作性および操縦性が向上するよう設計されているボルグワーナーのトルクベクタリング・デュアルクラッチは、リアアクスルに設置され、そこからトルクを独立して統制し、左右の車輪にトルクを分配する。第6世代可逆アクチュエーター2台(クラッチごとに1台)を備え、電気モーター1台に接続されるトルクベクタリング・デュアルクラッチは、トルクを動的に伝達してステアリングのレスポンスと操縦性を向上させ、安定した運転を提供。このシステムは、クラッチ当たり最大2600Nmのトルク能力と、AWDが不要な時にはリアアクスルとの接続を断つ機能を備えている。これによって電気自動車は前輪駆動となり、損失が抑えられ、航続距離が延びる。

 大手グローバル自動車メーカーの電気自動車向けに、2022年上半期(1-6月期)に製造開始予定。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します