現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ V-ストローム1050/1050XT、新エンジン搭載でパワーと環境性能向上…EICMA 2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

スズキ V-ストローム1050/1050XT、新エンジン搭載でパワーと環境性能向上…EICMA 2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは、11月5日にイタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2019」(EICMA 2019)にて、全面改良した新型『V-ストローム1050』『V-ストローム1050XT』を海外向けに発表した。

新型V-ストローム1050/1050XTは「The Master of Adventure(冒険の達人)」をコンセプトに開発。街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングでの様々な状況で快適に走行を楽しむことができるスポーツアドベンチャーツアラーとして進化した。

    スズキ、東京モーターショー2019に2代目ハスラーのコンセプトや未来の自動運転車を展示

パワーユニットは、最高出力79kW(従来比+6kW)を発生する1037cc V型2気筒の新型エンジンを搭載。電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、出力を向上しながら燃費性能を維持し、欧州で2020年1月より新型の二輪車を対象に導入される新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。なお、排気量は従来モデルより1ccのみのアップだが、名称は『V-ストローム1000』から『V-ストローム1050』へ変更となった。

また、出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載。長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させた。

外観は、1988年に発売したスズキ初のアドベンチャーバイク『DR750S』をモチーフにしたスタイリングをより現代風にアレンジすることで、スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調。また、高さの調整が可能なウインドスクリーンに加え、頑強なスタイルを演出するアルミ製のテーパー形状のハンドルバーを標準装備した。

上位モデルのV-ストローム1050XTには、新採用のクルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、下り坂や荷重に応じてブレーキを制御する機能なども搭載する。また、ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、LED式ターンシグナル、シート高調整機能、12Vアクセサリーソケットを新たに標準装備。車体色にはDR750Sをベースとした1988年のパリ・ダカール・ラリー出場マシン「DR-Z(ジータ)」を彷彿とさせる特別色「ヘリテージスペシャル」を設定した。

新型V-ストローム1050/1050XTは、浜松工場で生産し、2020年初頭より欧州、北米を中心に販売を開始する計画だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します