現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ 新型SUV「ロッキー」発売! 力強いデザインの5ナンバーサイズコンパクトSUV

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.6

ダイハツ 新型SUV「ロッキー」発売! 力強いデザインの5ナンバーサイズコンパクトSUV

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ダイハツがつくった新ジャンルのコンパクトSUV「ロッキー」

 ダイハツは、コンパクトSUVの新型「ロッキー」を2019年11月5日より発売します。ダイハツの新世代クルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」の第2弾となる新型ロッキーは、トヨタにOEM供給され、新型「ライズ」として発売されます。

    日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

 新型ロッキーは、若々しくアクティブな生活を楽しむユーザーをターゲットとし、レジャーから日常生活まで、幅広いシーンで活躍するクルマを目指しました。

 2019年7月に発売された軽自動車の新型「タント」から採用されたDNGAを取り入れることで、5ナンバーサイズで全長は4mを切るコンパクトなサイズとしながら、広い室内空間、高い積載性を備えました。

 ボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、17インチの大径タイヤを採用しながら最小回転半径は5mとし(16インチタイヤの場合は4.9m)、取り回しがしやすいサイズを実現しました。

 室内空間では、前後のシート間は900mmとし、ゆったり座れる快適性を備えています。

 また、最大荷室長755mm、最大容量369リッターと大容量の荷室空間を確保し、レジャーや買い物などのシーンでたくさんの荷物を載せることができます。

 付属の2段可変式デッキボードを活用することで、荷室の高さや容量を変えることができ、さまざまな用途に対応可能です。6:4分割可倒式リアシートを前に倒すことで、長尺物も載せることができます。

 外観のデザインは、安定感を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダー、17インチの大径タイヤを採用することで、踏ん張り感のあるSUVらしいスタイルを強調しました。

 ヘッドランプは、周囲からの視認性が高く、安全性と先進性を表現したシーケンシャルターンランプを採用しています。

 ボディカラーは、ダイハツのモノづくりを象徴する色として、光が当たると朱色に輝く「コンパーノレッド」を新開発しました。これは、1963年に発売されたダイハツ初の小型乗用車「コンパ―ノ」に由来しています。新色「コンパーノレッド」を含むモノトーン8色に加え、ツートーンカラー3色の全11色が用意されました。

 さらに、新型ロッキーの世界観を広げるアクセサリースタイルとして、3つのタイプがラインナップされています。

 ブラック塗装のエアロパーツやメッキ加飾で存在感のある上質感を表現した「エレガンススタイル」、サテンシルバーを基調にレッド加飾を施したアンダーガーニッシュ装着で、SUVの力強さを強調した「パワフルスタイル」、ボディ同色のエアロパーツを装着しスポーティさを表現した「スポーティスタイル」で、個性あふれる新型ロッキーを演出することができます。

 新型ロッキーの内装は、シルバー加飾を施したフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトバー、コクピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワク感のあるデザインとしています。また、さまざまな箇所に収納を設け、使い勝手の良さも向上しています。

「G」「X」グレードは赤のアクセントを施してアクティブ感を表現、最上級グレードの「プレミアム」は革巻きのハンドルやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用するとともに、黒・シルバーの加飾を施して上質感を表現しました。

 メーターは、先進性やプレミアム感を備えたフル液晶を想起させるメーターデザインとし、4種類のデザインが選択可能です。

■かつてのロッキーの後継モデルではないもののアクティブさは継承

 新型ロッキーは、タントに採用された軽自動車用のDNGA新プラットフォームを、骨格の通し方や足回り部品の取り付けの考え方などは共通としながら、コンパクトカーサイズに適応させました。

 骨格構造のスムーズ化や合理化を実施し、部材の構造断点をなくすとともに、ハイテン材を活用することで、軽量高剛性ボディを開発し、乗り心地の良さを実現しています。

 さらに、サスペンションの取り付け位置やブッシュ特性などをゼロから開発し、高い操縦安定性を乗り心地の良さを両立しました。

 パワートレインは、1リッターターボエンジンを搭載し、トランスミッションはスプリットギヤを用いた「D-CVT」を採用。1.5リッタークラスに相当する高い動力性能と加速性能を両立するとともに、変速比をワイドレシオ化することで、燃費性能や静粛性にも貢献しています。

 燃費は、WLTCモードで18.6km/L(FFモデル、以下同様)、JC08モードで23.4km/Lと、1.5リッター以下の小型SUV(ガソリン車)ではもっとも低燃費なモデルとなります(ダイハツ調べ)。

 4WD車は、電子制御式カップリング機構を用いた新開発の「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用しました。走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に細かなトルク配分を行うことで、安定した走行性能を実現します。

 また、滑りやすい路面では後輪の駆動力を高めることでスリップを抑制して安定性を向上させるとともに、滑りにくい路面では後輪の駆動力を下げて燃費向上を図ります。

 サスペンションは、ディファレンシャルギヤをボディ側に取り付けることで、4WDでも2WDと同様のトーションビーム式サスペンションの採用が可能になりました。これにより乗り心地や操縦安定性の向上に貢献するとともに、低床化により室内空間も拡大しました。

 安全装備も充実し、新世代スマートアシストが搭載されました。予防安全機能「スマートアシスト」全10機能と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能を搭載。

 さらに、後方確認をサポートする「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」を新たに採用しています。

 ほかにも、新型ロッキーは、最新のコネクティッド機能を装備します。

 初搭載される「ダイハツコネクトサービス」は、事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」、ドライバーの状況を家族などにメール送信する「見えるドライブ」、駐車位置やガソリン残量などのクルマの状況を記録してスマートフォンで確認できる「見えるマイカー」、車検や点検時期などをディスプレイに表示したりメールで知らせる「つないでケア」の4つの機能を搭載し、安心なカーライフをサポートします。

 また、9インチスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプションで設定。SmartDeviceLinkやApple CarPlay対応のスマートフォンアプリをディスプレイ上で表示・操作することができます。

 ダイハツ Wi-Fiでは、ダイハツコネクト対応のディスプレイオーディオやカーナビ購入者を対象に、車内で使用可能なWi-Fiサービスを提供します。

 新型ロッキーの価格(消費税込)は、170万5000円から242万2200円です。

 新型ロッキーチーフエンジニアであるダイハツ工業 製品企画部 大野宣彦氏は、次のように話します。

「新型ロッキーは、2019年7月に発売された新型『タント』に続くDNGA第2弾です。トヨタブランドには新型『ライズ』としてOEM供給します。

 日本の乗用車市場は毎年横這いの状態が続いていますが、そのなかで、SUVの比率は年々上がっており、SUVの人気が高まっていることがわかります。また、コンパクトカーに乗っているユーザーがSUVに乗り換える比率も上がっています。

 一方でSUVを購入したユーザーの意見として、価格や荷室の狭さ、取り回し性能について不満を持っているという声があります。そこで、従来のSUVユーザーの不満を解消した、コンパクトなサイズで荷室が広いというダイハツならではの新しい小型SUVを企画・開発しました。

 かつてダイハツには、ロッキーという小型SUVモデルがありました。新型ロッキーは後継モデルというわけではありませんが、かつてのロッキーの力強さやアクティブさなどは継承しています」

※ ※ ※

 新型ロッキーと新型ライズは、軽自動車やコンパクトカーからアップサイジングするユーザーにも、ミニバンやミドルサイズSUVからダウンサイジングするユーザーにもマッチする新型SUVとして期待されています。

 昨今はSUVがブームとなっており、各社からさまざまなモデルがラインナップされていますが、新型ロッキーと新型ライズの登場で、SUVカテゴリのライバル競争が激しくなりそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します