現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「プリウス」はもう古い? フィットやヤリス登場でHV戦国時代突入へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.5

トヨタ「プリウス」はもう古い? フィットやヤリス登場でHV戦国時代突入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■王者プリウス復活も、肉薄するライバルたち

 トヨタのハイブリッドカー「プリウス」の人気が、近年再び高まっています。日本自動車販売協会連合会の2019年上半期(1月から6月)の新車販売台数ランキング(軽自動車・輸入車を除く)で、プリウスは前年比109.8%の7万277台を販売して1位となりました。

    トヨタ新型「ヤリス」は燃費も「アクア」超え!? 国産コンパクトカー燃費ランキングTOP3

 しかし、プリウスが他を寄せ付けない圧倒的な人気を得ているわけではなく、少しでも状況が変われば1位の座が危うい状況だといいます。現在プリウスを取り巻く販売状況は、どのようになっているのでしょうか。

 2015年12月に発売された現行型4代目プリウスは、発売翌年の2016年、続く2017年には前出の新車販売台数ランキング(以下、販売ランキング)で1位を獲得しましたが、2018年に首位から陥落して3位(販売台数11万5462台:以下、括弧内の数は販売台数)となりました。

 しかし2019年の上半期に再び1位となり、翌月の7月も1位(1万3137台)を獲得するなど、好調さがうかがえます。なお、8月は2位(8176台)、9月は3位(1万1158台)と、単月ではあるもののランキング順位を若干落としました。

 そんななか、プリウスの販売ランキング首位を脅かすクルマは、意外にも同門のトヨタ車のラインナップに数多く存在します。なかでも、急激に売り上げを伸ばしているのが、トヨタの小型ミニバン「シエンタ」です。

 2019年上半期の販売台数は5万926台で5位でしたが、8月にプリウスを569台差で抑え、ミニバン初の首位(8745台)を獲得した後、9月も連続で首位(1万3558台)にランクイン。9月の同月前年比は185.4%と、驚異的な数字を記録しています。

 現行型2代目シエンタの登場は2015年7月であるため、「新しい」クルマとはいえません。なぜ人気が下がることなく、むしろ上昇しているのでしょうか。

 トヨタの販売店スタッフは、シエンタの人気について次のように話します。

「シエンタは、ハイブリッド専用車であるプリウスや『アクア』とは異なり、選択肢が多いという点で好評です。ハイブリッド仕様とガソリン仕様が選べるのはもちろん、2018年9月からは2列シートタイプが選べるようになりました。3列目が必要ないという人にも、シエンタが選択肢に入るようになったのです。

 また、両側スライドドアが装備されているため、小さい子どもがいるファミリー層からの人気も高いです」

※ ※ ※

 直近の販売ランキングにおいてシエンタがプリウスを逆転した一方で、2018年にプリウスより高い人気を得たクルマのひとつに、前出の販売店スタッフが挙げたコンパクトカー「アクア」が挙げられます。

 同じハイブリッド専用車のプリウスと比べてボディサイズがコンパクトなアクアは、使い勝手の良さが特徴で幅広い世代で人気です。2018年は前出の販売ランキングで3位のプリウスを上回る2位(12万6561台)を記録しました。

 プリウスが1位を獲得した2019年上半期の販売ランキングでも3位(6万349台)を記録し、2011年の発売から約8年が経過しているのにも関わらず、人気は衰えていません。

 パワーユニットには1.5リッター+モーターのハイブリッドシステムが採用され、コンパクトカーカテゴリートップの低燃費性能が特徴ですが、4WDの設定がないことが降雪地域における弱点とされています。

 フルモデルチェンジこそされていないものの、マイナーチェンジや新グレードの追加が度々おこなわれていて、2017年には新グレードとして、SUV風の外観を持つ「クロスオーバー」や、走りを追求した「G“GR SPORT”」が設定されました。

 特別仕様車の追加も精力的におこなわれ、2019年10月にはアウトドアに特化した「S“GLAMPER”(グランパー)」が発売されています。なお、グランパーはアクア以外にも、シエンタを含むトヨタの全4車種に設定されています。

■2020年に向けて販売競争はさらに激化か?

 販売ランキングでプリウスと首位を争っているクルマは、トヨタ車以外にも存在します。

 プリウスが首位から転落した2018年の販売ランキングで1位に輝いたのが、年間13万6324台を販売した日産「ノート」です。2019年上半期も、6万8543台を販売してプリウスに次ぐ2位につけ、プリウスの強力なライバルの1台となっています。

 最大の売りは、エンジンで発電してモーターで駆動するシリーズ式ハイブリッドの「e-POWER」です。e-POWER特有の加速のスムーズさや、優れた静粛性が人気に繋がりました。また、加速と減速をアクセル操作だけでおこなうことができる「e-POWER Drive」も特徴のひとつです。

 幅広いラインナップも特徴のひとつで、パワーユニットは「e-POWER」以外にも、1.2リッター直列3気筒直噴スーパーチャージャー付エンジン、1.2リッター直列3気筒エンジンなどを用意。グレードも、標準グレードのほかに上質感の高い「メダリスト」やSUV風の「シーギア」、スポーティグレードの「NISMO」「AUTECH」などさまざまです。

※ ※ ※

 販売ランキングで上位を争うクルマには、ほかにも日産「セレナ」や、トヨタ「カローラ」シリーズ(ランキング上はカローラシリーズ3車種が合算される)など、強力なライバルが多数存在しているため、どのモデルが2019年に1位を獲得できるかは未だ不透明です。

 さらに来年2020年の新型車に目を向けると、トヨタは同社の「ヴィッツ」をフルモデルチェンジし、車名も変更したうえで新型「ヤリス」として2020年2月に発売する予定であるほか、ホンダも新型4代目「フィット」を同じく2020年2月に発売することをアナウンスしています。

 ともにハイブリッド仕様が用意されたコンパクトカーで、プリウスと比べて運転のしやすさなどでアドバンテージを持つことから、販売ランキングでも争うことになると予想されます。

 かつてはプリウス一強ともいわれたハイブリッドカー市場ですが、最近はどの車種も性能が向上し、ハイブリッドカー戦国時代いっても過言ではありません。今後はどのような展開を見せるのか、「ハイブリッドカー大戦」の今後に注目です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース Peacock Blue K.K.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します