現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【グループAの名車 07】セリカXX(MA61)がスープラとして1985インターTECに参戦。トヨタファンを沸かす!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

【グループAの名車 07】セリカXX(MA61)がスープラとして1985インターTECに参戦。トヨタファンを沸かす!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本名ではセリカXX、海外ではスープラと呼ばれたマシンが1985年のインターTECに登場した。トヨタは、国内でグループAレースが始まる以前から、ETC(ヨーロッパツーリングカー選手権)に参戦しており、この年のインターTECではUKトヨタが開発したSARDスープラなどが参戦した。

イギリス育ちのスープラが、SARDスープラとして凱旋した!
UKトヨタのスープラを持ち込んだのはシグマ・オートモーティブ。85年にSARD(シグマズ アドバンスド リサーチ&デベロップメント)が設立されたこともあり、エントリー名は「SARDスープラ」となった。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

エンジンは5M-GEUで2.8L直6DOHC。ノーマルのスペックは最高出力170ps/5600rpm、最大トルク24.0kgm/4400rpmというもの。グループA用エンジンは、UKトヨタが公認を受けたパーツを使用しており、詳細なスペックは不明だが260ps程度の最高出力を発生したようだ。

サスペンション形式はフロント/ストラット、リア/セミトレーリングアーム。SARDスープラでは、ショックアブソーバーにオイル容量をアップした多段調整式を採用。リアサスペンションは、シングルからダブルショックアブソーバーとし、1072kgという当時のレーシングマシンとしては重量級のボディを支えていた。

ブレーキは、フロント/APロッキード12インチベンチレーテッドディスク、リア/ノーマルベンチレーテッドディスクという組み合わせだ。

1985年のインターTECでは、上記のSARDスープラに加え、C-ONEスポーツスープラが参戦。セリカの名称ではミノルタレーシングチームも参戦した。予選では、D シアーズ/岡本安弘組のSARDスープラが11番手。関谷正徳/小河等/鈴木利男組のミノルタα-7000セリカが20番手、佐藤浩二/熊谷睦/黒木健次組のC-ONEスポーツスープラが30番手となった。

決勝ではSARDスープラが序盤でトランスミッションのトラブルによってリタイアするが、予選では振るわなかったミノルタα-7000セリカがしぶとく走りきり7位に入った。しかし、格下のAE86が6位に入っていたということもあり、悔しさの残る日本デビューとなった。

トヨタファンとしては、87年に登場するMA70スープラまで本格的な活躍は待たなければならなかったのだ。

グループAの名車バックナンバー

[ アルバム : 1985年のインターTECに参戦したスープラ はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します