現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ立ち消えた? 東京モーターショーで市販が期待されるも消えたコンセプトカー3選

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

なぜ立ち消えた? 東京モーターショーで市販が期待されるも消えたコンセプトカー3選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアリティは抜群! しかし残念ながら市販化には至らなかった

 現在開催中の東京モーターショーでは、多くのコンセプトカーが登場している。そのコンセプトカーもさまざまで、すぐにでも市販化できそうなリアリティのあるものから、現状では机上の空論としか言えないような遥か未来を見据えたものまで幅広い。

    クルマはデザインが命! 自動車の歴史に残る名デザイナー5人とその作品

 今回はそんなコンセプトカーの中から、話題を集めたものの現在まで市販化の声が聞こえてこないモデルをピックアップしたい。

 1)日産MID4-II

 1985年のフランクフルトモーターショーで登場したMID4の発展型として、87年に開催された第27回東京モーターショーで発表されたのがMID4-IIだった。

 3リッターV6ターボエンジンをミッドシップにマウントし、4輪を駆動するというこのモデルは実際に走行できるほどの完成度を持っており、そのリアルな仕上がりから市販化は目前と当時のメディアでは言われていた。だが、結局MID4-IIは市販化されることはなく、ミッドシップレイアウトの車両がその後に登場することもなかった。しかし、MID4-IIで培った技術は他車種に横展開され、実車は現在でも日産が所蔵している。

 2)トヨタFT-86オープンコンセプト

 2013年の東京モーターショーで登場したのは、前年にデビューしたばかりの86をベースにしたコンバーチブルモデルだった。コンセプトといいながら、実際に電動で開閉するソフトトップなど、リアリティは抜群。

 トヨタは2007年にMR-Sの販売を終了してからオープンモデルを持っておらず、当時は2リッターのロードスターが存在していたが、FT-86オープンコンセプトは4座オープンということもあって市販化を熱望する声も少なくなかった。だが残念ながら市販化には至らず。すでに過去の話として「市販化目前までいっていた」という話がされていることからも、今後も登場することは残念ながらなさそうだ。

 市販を目指していないと明言も、期待せずにはいられない1台!

 3)マツダRX-VISION

 圧倒的に低いボンネットと全高を可能にする次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載、とアナウンスされたコンセプトカーのRX-VISIONは、2015年の東京モーターショーでお披露目されたモデル。世界一美しいFRのプロポーションをつくりたい、というコンセプトのもと作られたモデルであり、直接的な市販化を目指したモデルではないと言われていた。

 あれから4年が経つが、残念ながら次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」の話題は途絶えたままであり、現在ではロータリーエンジンの生きる道はレンジエクステンダーの発電用エンジンとしてしか残されていないとも言われる始末だが、それでもファンはマツダなら駆動用のロータリーエンジンをなんとかしてリリースしてくれると思っているに違いない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小鮒康一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します