現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ACサンクチュアリーGPZ900R・RCM448(カワサキGPZ900R)/対策部品や厳選アフター品で進化するコンプリート#Heritage&Legends

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.3

ACサンクチュアリーGPZ900R・RCM448(カワサキGPZ900R)/対策部品や厳選アフター品で進化するコンプリート#Heritage&Legends

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新足まわりも組み合わせカスタム感もさらに高める
ACサンクチュアリーが手がけるカスタムコンプリート車のRCM(リアル・コンプリートマシン)。500台を超えたその中で、カワサキ・ニンジャはZ系に次ぐ台数が作られてきた。そのうち、ニンジャエンジンをベースにしたものが「スポーツパッケージTYPE–R」、後継エンジンへのコンバートを行ったものが「フォーミュラパッケージ」に分類されている。

スポーツパッケージTYPE–Rは’15年秋に完成したRCM–350からニューTYPE–Rにと一新したが、これは従前が「高年式のA10以降モデルで、走行距離が1万km以内で異音等もないもの」をベースにしていたのを、条件に合う車両の枯渇もあって、エンジンをリフレッシュベースに切り替えたものだった。

    4気筒250cc復活!カワサキ「Ninja ZX-25R」を解説!

もう少し言えば、そのエンジンはチップ鋳込みロッカーアームなど対策済み純正新品(含む後継)や、サンクチュアリーで使用して信頼を置くパーツを使ってオーバーホールも兼ねたリビルドを行うようにシフト。外観もガンコートで一新する。

同時に、ワイヤハーネスやジャンクションボックス、スターターリレー等の電装系は系列後継用新品を元にニンジャに合わせてコンバート製作。キーもメイン、シート、ヘルメットロックまで統一した1本で済むよう加工する。

車体は従前のTYPE–R同様にフレームのチェーンインライン加工やリヤワイドホイール加工を行う。
この際にニンジャで破損しがちなフロントカウルステー用マウントも再生。このようなベース作りを行った上で、鍛造ホイールや大径フォーク、高質ブレーキ等を組み合わせ、前後17インチでより現代的なパッケージを作る。

それがニューTYPE–Rだった。

さらにこの’19年、各部パーツがアップデート(オーリンズRWUフォーク、TMRキャブ/ウオタニSP2等が指定)され、ニュータイプRはより信頼性を高めた’19年バージョンにと進化した。

この車両、RCM–448はその最新パッケージに、ラジアルキャリパー等を加え、セパレートハンドルを採用し、アッパーカウルを加工するなど、個性化を図ったもの。こうしたオーダーからは、オーナーのニンジャへの情熱も伝わってくる。

是非見本にしたい、そう思える仕上がりなのだ。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:ACサンクチュアリー(SANCTUARY本店)
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』12月号、発売開始しました!
Amazonでもお買い求めいただけます。

Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.6 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年12月号臨時増刊)
Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.6 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年12月号臨時増刊)
posted with amazlet at 19.10.29

モーターマガジン社 (2019-10-28)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ Heritage&Legends編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します