現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】トヨタやBMWの技術も取り入れる中国の雄、ブリリアンスの新型SUVを初スクープ!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.3

【スクープ】トヨタやBMWの技術も取り入れる中国の雄、ブリリアンスの新型SUVを初スクープ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーユニットは1世代前のBMW製2L直列4気筒を搭載?

中国「華晨汽車集団有限公司」(ブリリアンスオート)の新しい旗艦クロスオーバーSUVとみられる開発車両を初めてキャッチした。ブリリアンスは中国・瀋陽に本拠を置くメーカーで、2003年からBMWとの合併会社「華晨宝馬汽車」で「3シリーズ」や「5シリーズ」、「X1」を生産している。また、トヨタや三菱に加えポルシェからも技術供与を受けていることでも知られている。

    【ジュネーブショー2017】三菱が新型コンパクトSUVのデビューを予告

ブリリアンスの開発車両は2018年にも捉えているが、当時のそれは「V7」のテスト車ということで今回の開発車両は初遭遇ということになる。その外観は、フロントもリヤも厳重にカモフラージュ。ヘッドライトの形状はもちろん、グリルやバンパーのデザインも現段階では不明だ。しかしV7より明らかに全長が長く、ボディサイズはアジアのSUVで最大級となりそうだ。また、市販型の車名は「V9」となる模様だ。

一方、搭載が予想されるパワーユニットはBMW製2L直列4気筒の「N20B20A」と意外にも小排気量。その最高出力は241psとなるが、これに6速MTまたは7速DCTが組み合わされるという。

キャビン内は、これもBMW譲りとなるフルデジタルクラスターやデジタルインフォテインメントシステムなどを採用。さらに、運転支援システムに関してはトヨタの技術が投入されると予想されている。そのワールドプレミアだが、最速で2019年内となる模様だ。




 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB CARSMEET web編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します