現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 12月1日付けで内田氏が社長CEOに就任 新しい経営体制の発足急ぐ

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.1

日産 12月1日付けで内田氏が社長CEOに就任 新しい経営体制の発足急ぐ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は11月1日、臨時取締役会を開催し、12月1日付けで内田誠専務執行役員・東風汽車(東風日産)総裁が代表執行役社長兼CEOに就任する人事を決定したと発表した。同時に、三菱自動車のアシュワニ・グプタCOOが日産の代表執行役COO兼CPO、関潤専務執行役員が執行役副COOに就任する。山内康裕代表執行役社長兼CEO代行・最高執行責任者は退任して取締役として残る。

日産は、指名委員会が内田氏の社長CEO、グプタ氏のCOO、関氏の副COOの就任をそれぞれ決定し、取締役会で2020年1月までに就任することを決議した。日産の業績が落ち込んでいる中、早期に経営体制を固めることが得策と判断、取締役にならないままで12月1日に就任する。

    FCAとグループPSAが経営統合で合意 ルノー日産三菱3社アライアンスに影響か?

また、クリスチャン・ヴァンデンヘンデ執行役副COO兼CQOが執行役CQO兼副CPO、スティーブン・マー常務執行役員が執行役CFO、ホセ・ルイス・バルス専務執行役員が執行役副社長に就任する。

軽部博執行役CFOと川口均は執行役副社長は退任する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • spe*****|2019/11/01 21:50

    違反報告

    日産は古くから代々日産車を乗り継いでいるファンと呼べる様な日本のユーザーも他メーカーに次々流れ三行半を突きつけられている状況。本国であるはずの日本のユーザーを蔑ろにした結果であり当然の成り行きでしょう。
    自分も長年日産車を所有しているがもう日産車はこれが最後になると思います。
    日本のユーザーはセレナ、ノート、デイズのどれかに乗っていろ!とでも言う様な状態にほとほと嫌気がさしてしまいました。あとはルノーに飲み込まれて日本メーカーでなくなる事だけは何とか回避して欲しいと祈るのみだがこれももはや時間の問題ですね…。
  • kan*****|2019/11/02 13:23

    違反報告

    まあ、経営陣のイス取りゲームなどお家騒動のゴタゴタ続きばかり見せられているが、本来はユーザーが驚き感心するニューモデルを見せないといけないんだよ日産は。なのに、日本では売らないモデルや、矢継ぎ早に投入されているルノーのモデルばかり見せつけられている現状、本当ウンザリ通り越して呆れますね。次に経営に携わる方々には、まず、日本でのシェアを向上させ、ホンダから販売台数2位を奪い取り、トヨタに肉薄するんだくらいの勢いがなければ、じり貧で日産そのものが消滅する、それくらい危機意識をもってやってもらいたい。
  • sin*****|2019/11/02 03:58

    違反報告

    西川さんだっけ、元社長が未だに裏で呼び出して何やら指示してるみたいな記事見たことあるけど本気で変える気あるのかな?
    変える気あるんだったらまずはスカイラインのプレミアム路線を捨てて本来の姿に戻してほしい、ベースもインフィニティの車両から決別して日本独自のデザインにしなきゃダメ、外観も排気量もダウンサイジングし価格も200万〜300万まででニスモ仕様のみこれを超えても良い、これくらいの事をして日本を捨ててない事をアピールしないとファンは戻って来ないよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します