現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 靴ではなく靴下を防水にするという発想の転換! ヘンリービギンズ「防水ツーリングソックス」

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.1

靴ではなく靴下を防水にするという発想の転換! ヘンリービギンズ「防水ツーリングソックス」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非防水シューズでも足はサラサラ!
夏以外の3シーズンに対応するライディングジャケットやパンツは防水性能を持った製品が増え、突然の雨にも慌てないで済むようになったが、防水のシューズやブーツはまだ少数派。足が濡れると不快だし、指先が冷えればペダル操作に支障をきたす。

そんなときには防水透湿機能を備えたソックスの着用が手軽で効果的だ。

    カワサキの新型250cc「Ninja ZX-25R」その詳細に迫る!

デイトナのヘンリービギンズから発売されている防水ツーリングソックスは三層構造を採用し、高い防水性と快適な履き心地を両立していることが特徴。

生地外側には吸湿性と速乾性を持つナイロン、内側には湿気を吸収して水を弾くメリノウールを使用。ウールは天然素材特有の免疫作用を持ち、抗菌・防臭効果も発揮する。さらに中間層にはアウトドアシーンでも注目されている『ポレールフィルム』を挟み、耐水圧8000mm以上、透湿度1万グラム/平方メートルの防水透湿性能を実現している。

ほかにも防水透湿フィルムをインサートしたソックスは存在するが、デイトナの防水ソックスが優れているのは自然なフィット感。気になる生地の厚みやフィルムの硬さに起因するゴワ付きがなく、硬いブーツはもちろん、ナイロン製のライディングシューズやカジュアルスニーカーの中に履いても違和感がない。

実際にタレントの梅本まどかちゃんが静岡県のデイトナ本社から三重県鈴鹿市まで雨の高速道路を3時間近く走ってテストしたが、外側のナイロン部分はジットリと水を含んだものの、中は濡れず、蒸れもなく、指先の冷えも気にならなかったとのこと。

少しでも天気が心配な日には最初から履いていけば間違いなし。家庭で普通に洗濯できるので、僕もツーリングバッグの中に一足常備することにしました。

デイトナ ヘンリービギンズ「防水ツーリングソックス」
価格:3600円(税抜)
[サイズ] M(24~26cm)、L(26~28cm)
[カラー] ブラック

テスター太田安治の欲張りリクエスト
外から見えるものではないので、機能的に優れていれば不満なし。このソックスは基本的に季節を問わずに履けるが、寒い時期用に厚手で保温性の高い仕様や、膝下までカバーする丈の長い仕様もあると嬉しい。

レポート:太田安治/モデル:梅本まどか/写真:南 孝幸

[ アルバム : 今回の写真を全部見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめ関連記事
月刊『オートバイ』12月号でもさまざまな新製品をチェックしています!
特集は東京モーターショー&ミラノショーの新型車を徹底解説!

オートバイ 2019年 12 月号 [雑誌]
オートバイ 2019年 12 月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.30

モーターマガジン社 (2019-11-01)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 太田安治)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します