現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの敵はトヨタ? 他社を圧倒する新車シェア率を誇れる理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.1
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタの強みは「トヨタ対トヨタ」図式だった?

 2019年1年から9月に日本国内で売られた小型/普通車の内、トヨタが占める割合は、レクサスブランドを含めると47%に達します。

    レクサスにも勝る小型SUV!? マツダ「CX-30」はクラスを超える仕上がりだった

 今は国内市場で販売されている新車の37%が軽自動車なので、これを含めるとトヨタのシェアは30%ですが、小型/普通車市場では圧倒的に強いです。なぜトヨタはここまで高いシェア率を誇るのでしょうか。

 トヨタがここまでシェアを広げた背景には、小型/普通車市場における他メーカーの弱体化もあります。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nsf*****|2019/11/01 07:53

    違反報告

    トヨタユーザーの中に他メーカーを検討、試乗した上で購入を決めた人は何割いるのだろう。
    販売店も多いし、日本一大きなメーカーの造った車が悪いはずがないの考え方で購入を決めた人も多いのではないでしょうか?
    日本人の国民性か、何に対しても70点主義のトヨタの車造りが合っているのかもしれませんね。
    あくまでも、個人の感想です。
  • ssm*****|2019/11/01 08:10

    違反報告

    トヨタかホンダ。二者択一。
  • non*****|2019/11/01 08:27

    違反報告

    車業界を活性化するためにコーチビルダーやバックヤードビルダーみたいなのの規制を緩めて、また携帯電話みたいにトヨタは希望するメーカーにラインを貸さなきゃいけないみたいなのはどうだろう?トヨタだって競争がない世界では社員(系列)が育たないだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン