現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミニカー登録で公道走行可能な電動トライクに乗ってみた

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.1

ミニカー登録で公道走行可能な電動トライクに乗ってみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■税抜き24万8000円、「Kintone Trike」の走りは想像以上に刺激的

茨城県常総市に本社を構え、グループ企業の管理する中国工場で製造した電動モビリティを日本に紹介しているKintone(キントーン)社。常総市が進めるアグリサイエンスバレープロジェクトへの導入において電動モビリティの分野において同社が協力することを発表するのに合わせて、メディア向けにキントーン製品の試乗会を開催した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

会場には電動キックボードやバランスタイプのモビリティなど手頃で身近な商品も並べられていたが、やはり注目は前後に太いタイヤを履き、どこかクラシカルなルックスが印象的なトライク(三輪車)だ。この「Kintone Trike(キントーン トライク)」は、クラウドファンディングで2400万円以上を集め、ローンチされたばかりだという。ここでは、この電動トライクにターゲットを絞り、そのフィーリングを紹介しよう。

まず基本的なスペックは以下の通り。

▼Kintone Trike
・予定価格 24万8000円(税抜き)
・最高速度30km/h
・最大走行距離 1回の充電で30~40km
・最大荷重 200kg
・充電時間 5~6時間
・サイズ  全長185cm 横幅98cm 高さ111cm

バックミラーやウインカーが装備されていることからもわかるように公道走行可能となっている。ナンバーのカテゴリーとしては、いわゆる「ミニカー登録」といわれるもので、運転するには普通自動車免許が必要だが、車検や車庫証明などは不要だ。

操作自体はオートバイに近く、右手でアクセルをひねれば動き出す。その出力は3段階から選ぶことができ、ローモードではさほど速度が出ないのでクローズドな場所での移動手段として使っても安心だろう。ハイモードにすればカタログスペック通りに30km/hまで出すことができるが、なにしろその加速は鋭い。正確に測ったわけではないが、おそらく30mもあれば最高速に達するほど素早く速度を上げていく。

右ハンドルには出力モードのセレクターのほかに「F R」をかかれたスイッチもあるが、これは前進・後退をセレクトするためのもの。そう、このトライクはバックもできるので非常に取り回しにすぐれている。左側には通常のオートバイと同じく、ウインカーなどが置かれている。ブレーキレバーは右がフロントで、左がリアというのもオーソドックスな配置だ。原付スクーターに乗ったことがあるならば、自然に乗りこなすことができるだろう。

それでいて、特筆すべきなのは、この電動トライクは走りが刺激的なこと。最高速度のスペックからすると大人しい走りを想像するかもしれないが、電動モビリティらしくアクセルを全開にひねるとリアタイヤが暴れる瞬間もあるほどトルクフル。さらに慣れると内輪を浮かせてクイックに向きを変えることもできるからおもしろい。

こうして攻めた走りができるのはリアユニットをダブルショックで支えていたり、三輪それぞれにディスクブレーキを備えていたりとディテールから走りへのこだわりが感じられるから。フル加速で後輪が暴れる感じがあるのはマシンとしての仕上がりからすると課題といえるのかもしれないが、レジャービークルとしては、この適度な荒々しさが「Kintone Trike」の強烈な個性となっていることは間違いない。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します