現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レーシング仕様の超絶SUV!ランボルギーニ・ウルスST-X発表! さらに2020年にデビューするサーキット専用スーパースポーツを予告

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.31

レーシング仕様の超絶SUV!ランボルギーニ・ウルスST-X発表! さらに2020年にデビューするサーキット専用スーパースポーツを予告

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニは10月26日にスペインのヘレス・デ・ラ・フロンテ―ラで開催された「スーパートロフェオ・ワールドファイナル2019」において、スーパーSUVのウルスをベースとしたレーシング仕様車「ウルスST-X」を発表するとともに、2020年にデビューを予定しているサーキット専用スーパースポーツモデルを予告した。

「ウルスST-X」の実戦デビューは2020年のスーパートロフェオ・ワールドファイナル

    トヨタ・スープラのレース車両「GRスープラGT4」が2020年3月の欧州を皮切りに世界で販売! 欧州価格は17万5000ユーロ

 サーキットだけでなくオフロードも走るレース界初のスーパーSUV「ウルスST-X」は、V8ツインターボエンジンを搭載するとともに、軽量化が図られている。フロントではカーボンファイバー製のボンネットに補助エアインテーク、 リヤはカーボンウィングとレース仕様のエキゾーストが特徴だ。


 ボディカラーはランボルギーニ・スクアドラ・コルセらしいグリーン系のVerde Mantis(ヴェルデ・マンティス)で、レッドのディテールで アクセントが添えられている。ロールバーで強化されたコックピットには、レース仕様のシートと消火器具を装備する。

 「ウルスST-X」の初レースはミサノ・アドリアティコで開催される2020年ワールドファイナルで、ランボルギーニ・スーパートロフェオの4つのクラスの勝者に挑戦のチャンスが与えられる。


 一方、2020年にデビューするサーキット専用の新型スーパースポーツは、ランボルギーニのレーシング部門「スクアドラ・コルセ」が開発し、ランボルギーニのチェントロ・スティーレ(スタイルセンター)がデザインを手がける。

 構造は、アルミ製のフロントフレームをカーボンファイバーモノコックに結合し、最高水準の安全性を保証できる設計となっている。エンジン収容部には、ねじれ剛性と曲げ剛性を最大化する鋼製のロールケージを設置。Xtrac製の6速シーケンシャルトランスミッションは、サスペンション収容部に関連して荷重を負担できる構造になっており、サスペンションアームはギアボックスに直結。最適な運動性能とともに、比剛性の大幅な向上を保証する。ディファレンシャルは革新的な機械式セルフロッキング型で、ドライバーは動的にプリロードを調整し、サーキットやアスファルトの状況に合わせて車両の操作性を最適化できる。

 搭載される6.5LのV型12気筒自然吸気エンジンは830hpを発揮。このアウトプットを最大限に引き出せるように、空力・機械特性を設計されたリミテッドエディションとなる。同イベントでは、大型リヤウイングやルーフのエアスクープ、デュアルエアインテークを備えたレース仕様のフロントフードなど、 同モデルの特徴がプレビューされた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します