現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本革シートの見た目&座り心地はどう|ヴェゼル特別仕様車の内装2

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

本革シートの見た目&座り心地はどう|ヴェゼル特別仕様車の内装2

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年SUVカテゴリーで一番売れたクルマがホンダから発売されているスタイリッシュSUVのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)。そのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車スタイル エディションが2015年9月に発売されました。私も早速このヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車を見てきたのですが、専用の内装カラーの”クールアイボリー”がとってもオシャレ。今まで発売されていたモデルとまったく雰囲気が異なりました。また、今回私が見た特別仕様車は、メーカーオプションのホワイトカラーの本革シートを採用したモデルでした。シート全体が本革を使用している事もあり、座り心地&見た目も好印象!そんなヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車スタイル エディションのフロントシート&後部座席の様子を画像を使用して徹底的にレビューをしていきます。2015/10/28

ヴェゼル 特別仕様車のシート画像インプレッション

    2015年上半期SUVで1位のヴェゼル、なぜ人気なのか?ライバルCX-3との比較も

今回発売されたヴェゼル/ベゼルの特別仕様車スタイル エディションにメーカーオプションで設定されている本革シートは、このようになっています。
こちらが運転席側から撮った写真。

そして、こちらが助手席側から。

今回このモデルで採用されているシートカラーは”アイボリーレザー”。インパネのデザインとマッチしていてオシャレですよね。
私はこの特別仕様車のシートがアイボリーと聞いて淡く黄色がかった色をイメージしていました。
しかし、実際に見てみたこのクルマのシートカラーは、アイボリーというよりもホワイトに近いカラーでオシャレな印象を持ちました。

ちなみに、こちらはヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車で標準装備されているブルーとブラックのコンビネーションシート。

こちらの標準装備のシートもクールな感じがして良いと思ったのですが、インパネとのカラーのマッチングなどを考えると、やはりアイボリーレザーを使用したメーカーオプションのカラーの方が良いと思いました。

また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車スタイル エディションの後部座席は、このようになっています。

しっかりとした作りになっているのが、画像を通してもわかりますよね。
後部座席もフロントシートと同様に”アイボリーレザー”を採用。この後部座席もかなりオシャレになっていました。
また、シートと同色の後部座席用のアームレストもこのように装備。

このアームレスト部分にドリンクホルダーが装備されていなかったのは、少し残念でしたが、大きなデザインになっているため使い勝手は、良さそうでした。
また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)ではこのように僅かですが、リクライニング機能も装備。

画像で見るとリクライニング角度は僅かですが、実際に座ってみると座り心地が異なるのがスグに分かりました。
また、フィット3(FIT3)など他のホンダのクルマ同様にヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席は、このように座面を跳ね上げる”チップアップ機能”を装備。

もともとこのクルマはホイールベースも長くなっているため、後部座席の足元空間も広めの設定になっています。
なので、このクルマの後部座席の座面をチップアップした時、フィット3など他のホンダのクルマに比べて広大なスペースが生まれるのは好印象でした。

ただ、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席はしっかりとしているので、座面を持ち上げるのは少しチカラがいるので、大変だなと思いましたが・・・。

女性のチカラでは座面を持ち上げるのは少し大変なので、ここら辺はお父さんなど男性に手助けをしてもらった方が良いのかなと思いました。
このチップアップする時の重さが少し欠点に感じてしまいましたが、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシートの見た目&機能ともにかなり良い出来だと思いました。

ヴェゼルの特別仕様車 本革シートの座り心地

また、フロントシートと後部座席では多少座り心地やサポート力が異なりますが、今回発売されたヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車スタイル エディションの本革シートの座り心地もバツグン。
実際にこの特別仕様車に座ってみた感想は、このようになっていました。

まず、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の運転席に座って驚いた事は、シートの大きさ。

私は身長175cmで中肉中背なのですが、運転席の座面も背もたれも十分なサイズでユッタリと座れる印象を持ちました。
これなら大柄な男性が運転席に座っても窮屈に感じる事は無いなと思いました。
また肝心の本革シートの座り心地ですが、個人的にはかなり好印象。このヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のシートもホンダのクルマらしく、座り心地はかなり固め。
シート内部のクッションに低反発性のものを使用しているためか、実際に運転席シートに腰をかけてみてもお尻がシートに沈み込むような感覚はまったくありませんでした。

それよりも、その着座位置のポジションでしっかりとお尻を支えてくれるような印象を持ちました。
また、今回のヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車のシートに使用されている本革は、柔らかめの肌触りではなく、ちょっと固めのハリがある感じ。
ディーラーさんの話では、カバンやサイフなどと一緒で使用していると柔らかくなってくると言っていましたが、このハリのある本革シートも座り心地に影響をしているのかなと思いました。
また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の座面や背もたれなど体が直接シートに触れる部分を見てみると、このように通気性を確保するためにポツポツとした穴が開いています。

このような機能は嬉しいですよね。
まだ実際に本革シートを使用したヴェゼル/ベゼル(VEZEL)を試乗した事はないのですが、ディーラーさんの話によると、夏場の蒸れやベトツキはそれ程気にならないように工夫されているみたいですよ。
また、今回のこの特別仕様車のシートはホワイトレザーなので、ブラックほど熱を持たないのも良いのかなと思いました。

また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車の後部座席の座り心地も良い感じ。
フロントシート同様にクッション性が良いふかふかとした座り心地ではなく、シートがしっかりとしている固めの座り心地になっていました。

また、シートの素材もフロントシートと全く同じ素材を使用。
後部座席の座面や背もたれには、フロントシートと同様に細かい穴がポツポツとあいており、通気性にも注意を払っているデザインになっていました。

また、後部座席の足元の空間も十分に広く後部座席の快適性・居心地はかなり良かったです。

ただ、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席で少し気になったのは、サポート力。
このクルマの後部座席はお尻がシートに沈み込まない固めのシートになっているのでクルマがカーブした時など横に滑るかもと思ってしまいました。
この点は今度このクルマを試乗した際に確認してこようと思います。

ヴェゼル/ベゼルの本革シートの弱点・欠点

また、ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車スタイル エディションの本革シートで気になったのは、汚れ。
この特別仕様車のメーカーオプションで設定する事ができる本革シートは、先ほども言った通りこのような細かいポツポツとした穴が開いています。

通気性のことを考えるとこの細かい穴は良いのですが、汚れの事を考えるとこの穴が欠点に・・・。
この特別仕様車の本革シートの細かい穴にホコリや汚れがたまる可能性があります。また、ホワイトなのでこの細かい穴にたまった汚れが黒ずみ目立つ可能性も・・・。
もしヴェゼル/ベゼル(VEZEL)のホワイト調の本革シートを購入したら、しっかりと丁寧にお手入れをする必要があるのかなと思いました。
ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の特別仕様車にメーカーオプションで装備できるこの本皮シートは、見た目も座り心地も良いのでこのお手入れの部分だけが気になりました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します