現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニが2台のニューモデル、初の「ハイパーカー」と「ウルスST-X」を発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

ランボルギーニが2台のニューモデル、初の「ハイパーカー」と「ウルスST-X」を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは、スペインのヘレス・デ・ラ・フロンテーラで開催されたワールドファイナルで、2台のニューモデルを発表した。1台は2020年デビュー予定のハイパーカー(タイトル写真)、もう1台はウルスST-Xだ。

どちらもサーキット専用のスペシャルモデル
2020年にデビューが予定されているハイパーカーは、残念ながら予告ムービーだけだったようだ。ランボルギーニのレース活動部門であるスクアドラ・コルセが開発し、サンタアガタ・ボロネーゼのチェントロ・スティーレ(スタイルセンター)がデザインを手がけた、12気筒の新しいハイパーカーはサーキット専用マシンだ。まだ、車名も発表されていない。6.5Lの自然吸気V12エンジンは830hpを発生し、そのパフォーマンスを最大限引き出すために空力や機械特性を設計されたリミテッドエディションだという。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

今回のイベントでは全貌は明らかにされていないが、大きなリアウイング、ルーフのエアスクープ、デュアルエアインテークを備えたレース仕様のフロントといった特徴的なディテールがプレビューされた。ちなみに、タイトル写真では少し明るく加工してある。

このハイパーカーはアルミ製フロントフレームとカーボンファイバーのモノコックを結合し、エンジン収容部にはスチール製のロールケージが設けられる。ミッションはXトラック社製の6速シーケンシャルで、サスペンションのアームはギアボックスに直結される。ディファレンシャルは革新的な機械式セルフロッキング型を採用し、ドライバーは路面の状況に合わせて車両の操作性を最適化できるという。

ウルスST-Xはレース仕様のスーパーSUVだ。搭載されるエンジンはV8ツインターボ。カーボンファイバー製のボンネットやリアウイングなどで車体は軽量化が図られ、フロントの補助エアインテークやレース仕様のエキゾーストが特徴的だ。ロールバーに囲まれたコクピットには、レース仕様のシートと消化器が備えられる。

ウルスST-Xは、モトクロスのチャンピオンに9回も輝くトニー・カイローリのドライブでお披露目された。初レースは、イタリアのミサノ・アドリアティコで開催される2020年ワールドファイナルの予定で、ランボルギーニ・スーパートロフェオの4クラスの勝者によって争われる。

[ アルバム : ランボルギーニのワールドプレミア2台 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します