現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ネタバレ注意! サンライズと日野がコラボしたアニメで盛り上がる東京モーターショー2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

ネタバレ注意! サンライズと日野がコラボしたアニメで盛り上がる東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日野とサンライズがコラボして、未来のモビリティをアニメで紹介

 クルマを展示するだけのモーターショーは、東京だけでなく先進国を中心にかつての勢いはなくなっています。理由はたくさん考えられますが、クルマを見る目的だけのために足を運んでもらえなくなったということが一因にあげられます。
 
 そこで東京モーターショー2019では、各ドメスティックメーカーが趣向を凝らして、とくに顕著だったのが、東京テレポート駅前の青海展示棟です。時代を反映した趣向を凝らしたブースのなかでも、とくに印象に残ったモビリティコンセプト「FlatFormer」を中心にした日野のブースをご紹介しましょう。

    トヨタが「空飛ぶほうき」を開発!? モーターショーなのに市販車を見せない理由とは

 日野はトラックのメーカーですので、出展ブースにトラックを展示すると、それだけでかなりのスペースが必要となります。また、働くクルマは幼い子どもには人気があっても、ステージでおこなうプレゼンテーションに興味を持ってはくれません。大人でもトラックメーカーのプレゼンテーションに関心を持つ人はかなりのマニアだけでしょう。
 
 そこで、日野は自社の企業理念や東京モーターショー2019の出展テーマ「Transporting Every Happiness」をより多くの来場者に訴求するために、アニメーションという手法を選びました。
 
『君の名は。』、『天気の子』、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』など、中高生男女が登場するアニメーション映画の人気が高まっていますが、日野は中学生の男女が登場するアニメーションで、来場者の関心を集めていました。

 毎時45分に上映されるアニメーションのタイトルは『あの日の心をとらえて』。「日の」と「日野」がかけてあるとすると、観る人に「あのう、日野の心(=企業精神、企業理念)をとらえてください」というメッセージが隠されているのかもしれません。
 
 このアニメーションの監督・脚本は『ラブライブ!』の監督を務めた京極尚彦氏、キャラクター原案は『センコロール』を一人で手掛けて注目を集めた宇木敦哉氏です。声の出演は、内田雄馬氏と内田真礼氏のふたりという豪華キャストです。
 
 制作は『ガンダム』シリーズでお馴染みの、アニメーションで未来を描き続けてきたサンライズです。日野とサンライズがコラボして、モビリティデザインはもとより社会の仕組みに至るまで、近未来の人々の生活を描いています。
 
 作品の上映時間はエンドロールまで含めて7分弱。日野ブースのメインステージに設置された巨大なスクリーンで上映されます。
 
 メインステージに展示されたモビリティコンセプト「FlatFormer」が、劇中のなかでバスや輸送車、移動物販車などとしてさり気なく登場するので、いくつFlatFormerのバリエーションがあるのか探してみるのもいいでしょう。
 
 また、劇中に日野がかつて生産していた「コンテッサ900スプリント」も登場するのでこちらも要注目です。
 
『あの日の心をとらえて』は、全編で向日葵(ひまわり)がテーマとして扱われます。「日」という一文字が、タイトルの「あの日」と日野の社名ともかけてあるというこだわりようです。

 ちなみに、登場人物は流斗(るうと)と美智(みち)のふたり。「route」と「道」からとった名前であることはここで指摘するまでもないでしょう。

 作品は「向日葵の花言葉って覚えてる?」という美智の流斗への問いかけでエンディングを迎えます。もちろんこの問いかけはこの作品を観ている人たちへの投げかけでもあります。
 
 向日葵の花言葉は「あなただけを見つめてる」や「未来をみつめて」です。劇中では、美智が流斗をずっと見つめていたという意味での台詞と捉えるのが自然ですが、日野自動車が未来をみつめて提案しているモビリティコンセプト「FlatFormer」も暗示しているのです。
 
 向日葵といえば、大人の身長よりも高く育つ大輪の花を連想しがちですが、劇中に出てくる向日葵は、少し小ぶりのサンリッチという品種のようです。その理由は、大輪の黄色い向日葵の花言葉は「ニセ金持ち」だからです。

■いま注目されているVTuberが東京モーターショー2019会場に登場!

 日野のこだわりはアニメーションだけではありません。東京モーターショー2019は、バーチャルナビゲーターに「キズナアイ(Kizuna AI)」を起用しています。キズナアイはニューズウィークで「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれたバーチャルYouTuber(以下VTuber)です。
 
 日野もプレゼンテーションでVTuberを起用しているのです。

 いままでの東京モーターショーでは、MCやコンパニオンがステージでプレゼンテーションするケースが多く見受けられました。しかし日野では、アニメーションを上映した大スクリーンにVTuberを登場させるという演出を採用しました。
 
 これならば、スクリーンから遠くてもよく見えることはもちろんのこと、若者世代にも注目されることは間違いありません。ちなみにVTuberは、ブースのどこか見えないところにいるそうです。
 
 さらに小さな子どももモビリティコンセプト「FlatFormer」のコンセプトを体験できるように趣向が凝らされています。それが小学生以上の子どもを対象にした「未来モビリティ・ラボ」です。
 
 これはモビリティコンセプト「FlatFormer」を模したベースに、子どもたちが自由にブロックで未来のモビリティを創作するアクティビティです。
 
 完成した作品と一緒に記念撮影し、その場で写真としてプレゼントしてもらえます。
 
 また「未来モビリティ・ラボ」内の作品展示棚にて完成した作品を撮影し、Twitterで投稿する「フラットフォーマーコンテスト」にエントリーできます。
 
 Twitterには、写真にハッシュタグ(#TMS2019日野、#フラットフォーマーコンテスト)と作品名をつけて投稿するだけです。結果発表は11月下旬を予定しており、Twitter日野自動車公式アカウント(@HINOJapan)で発表されます。
 
 受賞者にはDMにて連絡が来るので、必要事項を入力して返信すると、日野トラックのミニチュアカーと古河工場見学がプレゼントされます。
 
※ ※ ※

 コンセプトカーや最新モデルを展示するだけではなく、趣向を凝らして来場者にメッセージを伝える日野ブースは、大人から若者、そして子どもも楽しめる趣向が凝らされていました。
 
 東京モーターショー2019の会場は有明エリアと青海エリアとふたつに分かれており、すべてを回りたいと考える来場者がひとつのブースに滞在する時間はわずかです。しかし、日野の7分弱のショートアニメーションムービーは、思わず足を止めて、全編観てしまう上映時間となっています。
 
 もし東京モーターショー2019に来場できない遠方の人でも、『あの日の心をとらえて』はYou Tubeで観ることができるので、是非ご覧になってください。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kat*****|2019/10/31 00:00

    違反報告

    前の席に後から座った異常ババアが、後ろを振り返って知人だかを探してるんだか監視してるんだか知らないけど、後ろを振り向き続けているのがうざかった。

    アニメの絵や声は良かったが、ストーリーが無茶苦茶だった。アニメも女が最低。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します