現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスのEVはドローン搭載、LF-30 Electrifiedが東京モーターショーで世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

レクサスのEVはドローン搭載、LF-30 Electrifiedが東京モーターショーで世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■レクサスのEV化計画の象徴がここに

 レクサスは、2019年10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019で、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表し、この電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開しました。2030年のレクサス電動車を示唆する形が採用されています。

    レクサス新型「RX」が新たなデザインに進化! 新型モデルはどこが変わった?

 Lexus Electrifiedは、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、自動運転や電動化モビリティ社会が変化し続ける時代においても、クルマがユーザーにもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す思想です。
 
 電動化技術によってクルマの原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ未来の高級車のあり方を変えていくものです。
 
 具体的にはハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸として、パワートレイン、ステアリング、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御することで、走行シーンに応じた駆動力コントロールをおこない理想的な車両姿勢を実現し、より安心安全に運転する楽しさを感じられるクルマづくりを目指すことを指します。
 
 今後レクサスは、HV、PHV、EV、FCVなど世界各地のニーズやインフラ環境に応じて適材適所の商品開発を進めていく予定です。
 
 レクサスは2019年11月に初のEVの発表を予定し、2020年代前半にPHVやEV専用モデルを市場投入する予定です。さらに2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目標としています。
 
 このLexus Electrifiedを象徴するコンセプトカーが、「LF-30 Electrified」です。

●これからレクサスの市販モデルにフィードバックされるデザイン
 
 エクステリアデザインは、ボディ四隅のタイヤから発生したエネルギーがキャビンに向かい、ドライバーへ流れていくようなイメージが持たされています。
 
 レクサスのデザインアイコンであるスピンドル形状は、ボンネットのないフォルムを活かしてボディ全体のアーキテクチャとしてさらに進化しています。フロントからリアまでひと続きとなるウインドウガラスと張り出したフェンダー、そして翼形状のヘッドライトでスピンドルは大胆に形成されています。
 
 ヘッドライトやリアライト、サイドエアインテークは、優れた空力性能や冷却性能を意識した翼形状をしており、機能とも融合したデザインです。
 
 広いグラスエリアを持つLF-30 Electrifiedですが、サイドウインドウは透過率を自由に変化させることで、景観を楽しめる広い視界と夜間などにおける高いプライバシーを実現しています。
 
 また、通常の走行モードと自動運転モードを車両の外から識別できるよう、フロントフェイスの色や発光パターンを区別するなど、デザイン性に加えて機能性も追求されています。

■運転と生活がシームレスにつながるレクサスのコンセプトカー

 LF-30 Electrifiedは、レクサスの新コンセプト「Tazuna」に基づいてコクピットが設計されています。

●レクサスは日本の伝統素材をコクピットに取り入れた

 ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチを操作することなく運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の制御ができる空間を実現しています。これは、手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係性にヒントを得たものです。
 
 ARによる車両情報表示やジェスチャーコントロールなどの次世代のインターフェイスを採用することで、Tazuna Cockpitの将来像が提示されています。
 
 助手席は航空機のファーストクラスに着想を得ています。解放感と包まれ間が共存した室内空間は、スイッチ類などの必要なものすべてが手の届く範囲に配置されています。
 
 助手席の大型ディスプレイにもジェスチャーコントロール機能が採用され、快適性と利便性が両立されています。
 
 後席シートは人工筋技術を応用し、座る人の体型に合わせてフィットするほか、リクライニング、リラクゼーション、アラートなどの機能を備えています。
 
 また後席のグラスルーフにはディスプレイウインドウ「スカイゲート」を搭載。音声認識やジェスチャーコントロールで、ARによるリアルな星空や映像、ナビゲーションなどのさまざまな情報を表示することができます。
 
 個性的なデザインのインテリアは、再生素材を利用することで環境負荷を低減し、次世代ラグジュアリーの方向性が示されています。
 
 たとえばフロア、ハンドルなどには日本の伝統素材である焼き杉を採用し、ドアトリムにはリサイクル金属を繊維に加工してプリーツ加工したものを採用しています。
 
●駆動方式も変幻自在、走りが楽しいEV

 LF-30 Electrifiedには、Lexus Electrifiedが目指す「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、モーターの駆動力制御による車両運動制御技術「Lexus Advanced Posture Control」をはじめとする先進技術が採用されました。
 
 Lexus Advanced Posture Controlによる車両運動制御技術は、高トルクモーターの駆動力を自在に制御することで人の感性に寄り添った車両の姿勢コントロールを可能にしています。
 
 LF-30 Electrifiedでは4輪インホイールモーターの搭載を実現。前後の駆動輪を完全に独立して制御するため、FF、FR、AWDと、走行シーンに応じた適切な駆動方式に切り替えができます。また、この駆動ユニットは小型・軽量化されているので、車両パッケージの自由度を拡大しています。
 
 今後市販予定のレクサスのEV、ハイブリッド車に、このLexus Advanced Posture Controlテクノロジーは採用される予定です。
 
 ステアリングフィールは、ステアバイワイヤを採用することで運転状況に応じて少ない舵角での旋回はもちろん、自由自在にフィーリングを変化させることが可能です。自動運転時にはハンドルを前方へ移動させ、室内空間にさらに開放感をもたらします。
 
 ワイヤレス充電技術を採用し、日々の充電を簡易化したほか、AIによるエネルギーマネジメントで自宅との電力の最適配分や日々のスケジュールに合わせた充電制御など、次世代EVとしての利便性も追求されています。
 
 車両に搭載されたAIが音声認識や乗員の個人端末機「コントロールキー」と連携することで、室温、オーディオといった室内環境のほか、ドライブルート・目的地の設定や現地でのアクティビティの提案、さらにはサスペンション・パワートレインの制御による好みに合わせた運動特性をリアルタイムに設定するなど、乗員のパートナーとして人とクルマが相互にコミュニケーションを取ることが可能です。
 
 また、ドローン技術を採用したサポートビークル「Lexus Airporter」が搭載されています。これは自律制御で玄関からラゲッジルームまで荷物を自動運搬してくれるなど、クルマの機能を超えてサポートしてくれるものです。
 
 最新の自動運転技術コンセプトに基づき、ショーファーモードとガーディアンモードを備えた最先端の運転支援機能を採用しています。
 
 自動運転中も乗員が快適かつ安心な時間を過ごすことができるよう、Lexus Advanced Posture Controlテクノロジーをはじめとする先進技術を活かして、きめ細かく車両挙動を制御。
 
 自動駐車機能はもとより、自宅駐車場から玄関までの自動運転による迎車機能なども備え、高い利便性も実現しています。

※ ※ ※

 レクサスが東京モーターショー2019で発表したLF-30 Electrifiedは、いまどのメーカーも進めている生活とのシームレスなつながりがあるコクピットだけでなく、ドライビングプレジャーを満喫できるEVを目指しています。
 
 前後の駆動輪を独立して制御できる4輪インホイールモーターは、EVにドライビングプレジャーをもたらしてくれます。EVで運転する愉しさを追求したコンセプトカーが登場しはじめていることは、クルマの電動化が成熟しつつある兆しかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します