現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ 日本、中国が好調でグローバル生産台数が過去最高 2019年度上半期

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

ホンダ 日本、中国が好調でグローバル生産台数が過去最高 2019年度上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダが10月30日に発表した2019年度上半期(4-9月期)の生産・販売実績によると世界生産台数が前年同期比1.0%増の262万0683台と、半期ベースで過去最高となった。国内販売や中国の販売が好調で、8期連続で前年を上回った。

国内生産は軽自動車「N-BOX」の販売が好調だったことから同6.8%増の44万3797台と4期連続で前年を上回った。ただ、9月単月の国内生産は、軽自動車「N-WGN」の生産を停止している影響から前年同月比18.2%減の6万5259台と大幅に落ち込んだ。「N-WGN」の電動パーキングブレーキシステムが計画通り調達できなくなっているためで、N-WGNは2020年年初から生産を再開する予定。

    日産 2019年度上半期のグローバル販売7.0%減 中国を含めてほぼ全市場で前年割れ

米国生産が前年同期比6.4%増の61万9061台と、4期ぶりに前年を上回った。日本から輸出していた「シビック」と「CR-V」を現地生産に切り替えたため。中国は「アコード」や「CR-V」の販売が好調なのに加え、東風ホンダの第3工場を稼働したことから、同6.6%増の78万9036台と伸びた。

ただ、欧州が景気低迷や、ディーゼル車の販売が落ち込み、同37.4%減の4万8104台と落ち込んだのに加え、インドやインドネシアも不振だったことから、海外生産は同0.2%減の217万6886台と、8期ぶりにマイナスとなった。

グローバル販売は同2.0%増の264万台と、2期ぶりに前年を上回った。国内販売が同9.5%増の37万9000台と好調だったほか、中国販売が同18.7%増の78万8000台と過去最高だった。北米はセダン系の販売が苦戦し、欧州の販売も低調だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mzm*****|2019/10/30 16:20

    違反報告

    あくまでも日本で売れているのは軽自動車が大半を占める
    利益率は悪く、2モーターハイブリッドは価格が高い
    電動パーキングブレーキのトラブルで発売予定だったフィットも発売延期
    N-WGNも販売停止中
    フリードはマイチェンしたがグリルの意匠変更程度で爆発的ヒットもない
    ヴェゼル以上の車は値段が高くセダンは売れない
    ステップワゴンのデザインの悪さ
    オデッセイの販売末期に高い価格
    C-RVも高すぎ
    ホンダは危ないと思う
  • hor*****|2019/10/30 16:12

    違反報告

    国内は、N系が支えてるんだね
    軽自動車の会社になってしまったのかな?
    FITで巻き返したい所だね。
  • mar*****|2019/10/30 16:19

    違反報告

    実際に順調なのか不調なのか不明企業!N-BOXばっかり売れても赤字なんだろう、鳴り物入りでモデルチェンジしたN-ワゴンは2万台以上のバックオーダーを抱えているのに、電子パーキングブレーキ不良で生産延期、フィットも来年2月に延期?F1も何となく中途半端だし、スーパーGTとSFは去年はチャンピオンとったのに今年はいずれも共倒れ、いいことはTOYOTAがホンダジェット購入してくれたことくらいしかないんじゃない⁉️

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します