現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アメリカンドリームZ1 (カワサキZ1)/サーキット走行を狙って現代的17インチでまとめる#Heritage&Legends

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

アメリカンドリームZ1 (カワサキZ1)/サーキット走行を狙って現代的17インチでまとめる#Heritage&Legends

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目も性能面も考えトータルバランスに配慮
オリジナル「PRIDE」ブランドによるパーツ展開やハーフカウルキットを初め、数々のカスタム/整備/チューニングメニューで知られるアメリカンドリーム。根底には“お客さんのバイク生活がより楽しいものになるように”という思いがある。

一方で代表・松田さんはカワサキZ2が好き。そこから多くのZカスタムも手がけてきた。時にはお客さんと鈴鹿サーキットでの走行会に行き、自らも走ることでZの走りを磨いてきた。

    カワサキの新型250cc「Ninja ZX-25R」その詳細に迫る!

このZはそんな同店でサーキット走行を楽しむための足まわりグレードアップを主として、手を入れた1台。とは言えカスタムらしいトータルバランスも考え、ホイールや外装の配色にも気を遣ってパーツチョイスを行っている。

「軽量化とデザインの両面から、ホイールはマルケジーニM7RSを選択。PRIDEステムで剛性も高め、オフセットを33mmとして17インチに応じた旋回性も得ました。スイングアームはウイリー製で下側スタビを追加。フレームもレイダウンや13カ所の補強を行って、全体のバランスも得られるようにしています」(松田さん)

エンジンもZ1クランクとワイセコφ73mmピストンによって746から1105ccにまでスープアップ。TMRφ36mmキャブと“軽さと整備性抜群で、何よりパワーがあります”(松田さん)というPRIDE手曲げチタンEXとでレスポンスも高めている。

ほかにもフロントアクスルが純正品のφ17mmからハヤブサ用の25mmにアップされる、前後サスはセッティング幅を考慮してのオーリンズを選択するなど、しっかりと路面を捉えさせてパワーを伝えようという仕様は続く。

そんな走行会重視でいながらも、タンデムステップブラケット取り付け部(現状ではボルトが入る)やカウルステーマウントも装備し、きちんとストリートカスタムとしての部分に手を抜いていないのも、好感が持てる。さらにこの後にもエンジンやフレームのレストアとグレードアップが考えられているという。

いつでも、どこでも乗れてカスタムらしく、かつきちんと性能も作り込んでいく。Zと、走ることが好きな同店ならではというこの仕上がり、ぜひ参考にしたいところだ。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:アメリカンドリーム
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』12月号が発売開始!
Amazonでもお買い求めいただけます。
 

Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.6 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年12月号臨時増刊)
Heritage & Legends (ヘリテイジ&レジェンズ) Vol.6 [雑誌] (Mr.Bike BG 2019年12月号臨時増刊)
posted with amazlet at 19.10.29

モーターマガジン社 (2019-10-28)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ Heritage&Legends編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します