現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 記念車や台数限定などの「特別仕様車」はお買い得? 中古で新車より値上がりするとの噂は本当か

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.30

記念車や台数限定などの「特別仕様車」はお買い得? 中古で新車より値上がりするとの噂は本当か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特別仕様車の定義は幅広くその内容はさまざま

 定期的にメーカーから発表される“特別仕様車”。その特別仕様車もさまざまで、“カーオブザイヤー受賞記念”だったり、“登場10周年記念”だったりという何かを記念しての特別仕様車もあれば、とくに理由もなく唐突に設定される特別仕様車も存在する。

    ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

 そしてその特別仕様の内容も、通常のカタログモデルには存在しないボディカラーや装備、カスタマイズが施された手の込んだものから、人気のオプション装備を標準装備としたようなお買い得モデルまで、その内容にも大きな違いが存在している。そのため、特別仕様車のリセールと一言でいってもその価格は仕様によってまちまちというのが正直なところである。

 手の込んだ限定車は高値が付く!

 では、リセールで高値が付く特別仕様車とはどんなものかと言えば、それは手の込んだ限定車のようなものだろう。例を挙げるのであれば、トヨタのマークX“GRMN”のように、本来設定されていない3ペダルMTを搭載したものや、本来はオープンカーであるマツダ ロードスターをクーペ化してしまったロードスタークーペ、元々高いポテンシャルを持つスバル インプレッサやWRXをベースにさらにチューニングを施したS20#シリーズなどが挙げられる。

 一方、ベース車両に人気のオプション装備を装着したお買い得仕様の特別仕様車については、ほとんどプレミアがつくことはなく、ベースとなったグレードを基準に価格がはじき出されることがほとんどだ。もちろん、標準装備化されたオプション装備(ナビやLEDヘッドライトなど)がプラス査定される可能性は高いし、もともとの価格もベース車にあとからその装備を付ける場合よりも安くなっている場合がほとんどなので、デメリットがあるというわけではないのであしからず。

 その他の特殊な例としては、地域限定や販売会社が独自に作成した特別仕様車などは一般的に知られていないこともあって、マニアの間で高値となる場合もある。ただ、これはあくまで“場合もある”レベルであり、何年も経ったのちに評価されることがほとんどなので狙って購入することは難しいだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小鮒康一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します