現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 厳しい状況下で弱点を露呈したQ2、制動力の変化で結果が乱れたX2【清水和夫のDST】#98-3/4

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.31

厳しい状況下で弱点を露呈したQ2、制動力の変化で結果が乱れたX2【清水和夫のDST】#98-3/4

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number 98 SEASON.11:僅差の攻防を繰り広げたバイエルンの個性派コンパクトSUV対決

BMW X2 xDrive 20i Mスポーツ X vs アウディQ2 1.4 TFSIシリンダー・オンデマンド・スポーツ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

    パワー差は歴然だったがBMW X2、AUDI Q2の実力は拮抗【清水和夫のDST】#98-2/4

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

BMW X2 xDrive 20i Mスポーツ x vs アウディQ2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ(ウェット旋回ブレーキ編)【DST124-05】

タイヤコンデション

AUDI Q2 1.4 TFSI CYLINDER ON DEMAND SPORT

バランス型タイヤとして知られるミシュランのプライマシー3(前後とも215/55R17 94W)を履き、17インチのサイズ感がQ2の性能と合っており、クルマとのマッチングの良さが感じられた。

 

BMW X2 xDrive 20i M SPORT X

タイヤの銘柄よりも20インチのランフラットのため、まずその硬さが気になってしまった。FFなので、フロントサスはあまり硬くないが、タイヤとのマッチングが……。19インチの方が好印象。

厳しい状況下で弱点を露呈したQ2、制動力の変化で結果が乱れたX2

AUDI Q2 1.4 TFSI CYLINDER ON DEMAND SPORT

制動距離:61.7m(★★★☆☆)

X2よりも数字的には優れた結果を残したものの、内容は褒められたものではない。走行ラインの軌跡が悪く、1回目のテストではステアリングとブレーキを同時操作したが、1度外側のラインに膨らみ、最終的にはイン側に戻ってきてしまった。電子制御がクルマの軌跡を支配し、ドライバーの意思どおりの走行ラインを描けていない。2回目はステアリングを先行してから制動したが、どこまでも外側に膨んでいきそうで、舵が効かなくなった。結果的には制動距離は短いものの、ステアリングとブレーキの連動ができておらず、ABSのセンサーやソフトウェアの性能が想定の範囲を越えてしまった結果だと思われる。



BMW X2 xDrive 20i M SPORT X

制動距離:66.5m(★★★☆☆)

ステアリングとブレーキを同時に操作し、半径40mのラインに沿って、ステアリングを切り込む。まるでイン側のラインに吸い込まれるようにステアリングが正確に機能し、ライントレースは正確であった。ここまでは完璧だったのだが、2回目はステアリングをやや先行してテストしてみたところABSが早期に作動してしまい、制動力が甘くなってしまった。その距離は80mを越えてしまったが、原因はABSが低μ路だと誤判定してしまったことにあるようだ。ドライバーの運転パターンが変わるだけで制動力が大きく変化してしまう点は要改善。1回目は100点だったが、2回目は半分の50点。落差が大き過ぎた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB CARSMEET web編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します