現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】スカイライン搭載のプロパイロット2.0で高速道路同一車線内ハンズオフドライブを体験

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

【試乗】スカイライン搭載のプロパイロット2.0で高速道路同一車線内ハンズオフドライブを体験

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナーチェンジされたスカイラインはプロパイロット2.0の採用、多様なパワーユニットをラインナップするなど注目点が多い1台だ。(Motor Magazine 2019年11月号より)

安心感のある運転支援機能
「ニッサン顔」へとフェイスリフトされた新しいスカイライン。正直、取ってつけた感はなくはないが、しかしインフィニティのマーク付きよりはいいはずだ。 注目はプロパイロット2.0だろう。高速道路では設定したルートに従って追い越しや分岐まで含めて出口まで走行を支援し、同一車線内でのハンズオフも可能とする。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

使ってみるとは車線内のトレースの正確さ、滑らかさはとても好印象。3D高精度地図の採用と緻密な制御、完成度の高いシャシによって、公道でのハンズオフを、安心して使うことができた。

ドライバーの顔や目の向きは常にチェックされているから、前方を注視していないと、この機能は使えない。あくまで自動運転ではなく運転支援なのだ。

車線変更支援機能も目玉のひとつだ。前走車に追いついてクルマから促された時には承認すれば、あるいは自らの意思によるウインカーレバーの操作で、スムーズな車線変更が行われる。この時にはハンドルに手を添えておかなければならない。

動作状況、センシング情報が眼前の大型ディスプレイに表示され、クルマが何を認識しているのか明確なのは安心感に繋がるが、そうしてまで車線変更をクルマに任せるメリットは、それほどないかな、というのも事実だ。

V6 3L搭載モデルの走りに好印象
プロパイロット2.0が標準装備されるのはハイブリッドのみでターボには設定がない。だがV型6気筒3Lツインターボユニット搭載車が望外の走りっぷりを見せ、悩ましい気持ちになってしまった。

最高出力304psを発生するこのエンジン、低速域から力感にあふれ、かつ高回転域に向けた伸びの良さ、それに追従するパワー感をも得ていて、実に気持ち良い。セダンらしい低重心感が際立った軽やかなフットワークを楽しめる。

スポーツセダンという言葉を躊躇なくつかえるできだ。しかも、その上には最高出力405psの「400R」も新たに設定されている。今回は試す機会がなかったが、こちらの走りも大いに期待できそうだ。

最新の運転支援装備も新エンジンの走りも、魅力十分の新しいスカイライン。中身の進化を知った後には、そのデザインも格段に精悍に見えてきた。(文:島下泰久)

試乗記一覧

■日産スカイライン ハイブリッドGT Type SP主要諸元
●全長×全幅×全高=4810×1820×1440mm
●ホイールベース=2850mm
●車両重量=1840kg
●エンジン= V6DOHC
●排気量=3498cc
●最高出力=306ps/6800rpm
●最大トルク=350Nm/5000rpm
●モーター最高出力=68ps
●モーター最大トルク=290Nm
●駆動方式=FR
●トランスミッション=7速AT
●車両価格(税込)=616万円

[ アルバム : スカイライン はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します