現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 125になって迫力増大の「モン×ダビ」KITが発売開始! キジマのこだわりが詰まった限定50セットのカスタムキット

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

125になって迫力増大の「モン×ダビ」KITが発売開始! キジマのこだわりが詰まった限定50セットのカスタムキット

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターサイクルショー2019で話題となったモンキー125用の外装キットをまとった『モン×ダビ』が、熱いファンのエールに応えてついに市販化です!

大きな身体にもマッチする迫力ある外装は一見の価値あり
今年3月の東京モーターサイクルショー会場で、「え⁉ えー⁉ えーーー‼」と、見た人達が声を上げまくっていたとかいないとか、とにかく話題となったのが、キジマが製作したコンセプトカスタムの『MON× DAVI(モン×ダビ)』。

    カワサキが完全新型250cc「Ninja ZX-25R」を発表!

その『モン×ダビ』がついに市販化! 限定数は50セットですが、販売を念頭に開発されていることを聞きつけ、半数程はすでにオーダーが入っているとのこと。恐るべし『モン×ダビ』。

今回は、この小さいけれど本格派のこの『モン×ダビ』を試乗する機会を得たので、どうせならと、編集部でも最も背が高い私、まっつん(身長 186cm)が初試乗に馳せ参じたわけです。

元々、モンキー125は良くできたバイクです。従来のモンキーらしい軽快感は保ちつつ大きくなった分、安定感が違います。ただし、これだけの外装をつけてしまうと、125らしい軽快感が損なわれてしまう不安もありましたが、なんのことはない、良い意味で「普通に」乗れます。

特に邪魔になることもなければ、重さもそこまで感じない。むしろ、積載能力向上のおかげで、下道ロングツーリングに行く姿をイメージしたほど。

カスタムに馴染みのない人のためにひとつ注意点を言うと、今回乗ったのはキジマのデモ車なので、外装パーツはタンクも含めペイントされてます。購入の際は、当然、黒ゲルやABS製ホワイトだったりするので、お間違えなく。自分の好みに仕上げてくださいね。

キジマ「MON × DAVI キット」
45万円(税抜)※外装パーツのみで車両は含まず

フロントフェアリング
Fフェンダー
Rフェンダー
右サイドカバー(FRP製黒ゲルコート)
リアTOPBOX(樹脂製ブラック)
サイドBOX(ABS製ホワイト)
スモークスクリーン(ポリカーボネート製)
LEDフォグランプKIT
フィッシュテールマフラー
Fバンパー
Rバンパー
クラシックホーン(メッキ)
シングルシート
ハンドルマウントステー
リアキャリア
ショートサイドスタンド
オーバルミラー(ブラック)
オリジナルローダウンリアショック
テールランプベース
ダミーアンテナ(ブラック)
サイドリフレクター
ライセンスランプ
原2ステッカー
各種ステー&延長配線

文:松下尚司/写真:稲垣正倫

[ アルバム : 写真を全部見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

キジマ公式サイト
11月1日(金)発売の月刊『オートバイ』12月号でも、面白い車両のインプレ&紹介記事を多数掲載! 予約販売はすでに受付中です!

オートバイ 2019年 12 月号 [雑誌]
オートバイ 2019年 12 月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.28

モーターマガジン社 (2019-11-01)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ まっつん)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します