現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アストンマーティンがプロデュースするオーナー垂涎の究極の隠れ家【EDGE HOUSE番外編】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

アストンマーティンがプロデュースするオーナー垂涎の究極の隠れ家【EDGE HOUSE番外編】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンの琴線に触れる大胆すぎる隠れ家

フローリングの上に並べられているのはアストンマーティンのヴァルハラとDB5、ヴァルキリー。壁の写真はショーン・コネリーがアストンマーティン DB5に寄りかかかる映画『007ゴールドフィンガー』のワンシーン、頭上は水の揺らぎが心地よい水盤。

    【EDGE HOUSE】他のガレージハウスを見てみる

まるで美術館のようなこのスペースは、「こんなガレージにすることもできます」とアストンマーティンのデザインチームが提示した、ほんの一例だ。

アメリカ・カリフォルニア州のモントレーで開かれた「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2019」で、アストンマーティンはオーダーメードのガレージをデザインするという新しいサービス「オートモーティブ・ギャラリーズ・アンド・レアーズ(Lairs=隠れ家)」をスタートさせると発表した。

同社には愛車のパーソナライゼーションサービス「Q・バイ・アストンマーティン」があるが、愛車を収めるガレージもまた「エンスージアストたちにとって重要なビスポークの空間」として手がけるのだという。

具体的には同社のデザインチームが、建設地の地元をよく理解している建築家とともに設計・建設する。

提示されたガレージは、他にも地下の円形空間にDB5を収納する隠れ家や、ヴァルハラを収納する円形アクアリウムショーケース、眼下に雄大な自然を望むリビングガレージ、歴史ある古城に隠されたエレガントな秘密基地……。オーナーのあらゆる要求に対応することが可能だという。

高級自動車メーカーとして車のステージングに関する専門知識や、それにまつわる換気技術、湿度管理などに絶対の自信をもつ同社。

アストンマーティンは、車だけでなく、世界で唯一無二のオーナーの世界観を具現化してくれる。

※カーセンサーEDGE 2019年12月号(2019年10月26日発売)の記事をWEB用に再構成して掲載しています

文/籠島康弘、写真/アストンマーティン

【EDGE HOUSE】他のガレージハウスを見てみる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(カーセンサー )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します