現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京モーターショー2019に007のボンドカーでお馴染み、アストンマーティンが登場!会場の南展示棟4F、日本スーパーカー協会エリアをチェックせよ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

東京モーターショー2019に007のボンドカーでお馴染み、アストンマーティンが登場!会場の南展示棟4F、日本スーパーカー協会エリアをチェックせよ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国の気品が漂う高級のラグジュアリースポーツカーメーカー「アストンマーティン」。東京モーターショー2019の会場でも、その輝きで多くの人の目を奪っている。文/写真・栗原 祥光

ボンドカーでお馴染み、アストンマーティン。東京モーターショー2019に登場

    【TMS2019】横浜ゴムの新しいオールシーズンタイヤ、ブルーアース4S AW21が東京モーターショー2019にて展示

映画007のボンドカーとしても知られるアストンマーティンの車種。早速展示されている2台をご紹介する。

VANTAGE

2017年11月21日から発売を開始している4世代目ヴァンテージ。エンジンはメルセデスAMG由来の4リットルV8型ツインターボで、510馬力・69.8kgmを発生。ミッションは8速ATで0-100km/h加速を僅か3.6秒で到達するという。ボディサイズは全長4465ミリ、全幅1942ミリ、全高1273ミリと幅を除けば意外とコンパクトで、取り回しに苦労はしないと思われる。

室内は上品の一言。オトナ2人がゆったりと快適なドライブが愉しめる空間となっている。

ラゲッジスペースも広大で、大型のゴルフバッグが2個だけでなくスーツケースも積めそうだ。展示車は消費税込みで2056万8981円というプライスタグがつけられていた。

DBS Superleggera Voltage

2016年に登場したDB11をベースに軽量化などを施したのがDBS Superleggeraである。同社では「究極のGT体験を約束する」と標ぼうするだけあってのハイパフォーマンスモデルで、エンジンは排気量4000ccのV型12気筒で、出力はなんと725馬力!トルクも900Nmと強力なものとなっている。これを8速ATと組み合わせて、最高時速340km/hまで引っ張るという。ボディサイズは全長4715ミリとVANTAGEより長いものの、その他の数値はほぼ同等。クーペスタイルのほか、写真の4座席オープン仕様も用意されている。価格は税込3796万0185円となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します