現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタがホンダの本気に焦り? 「ヤリス」で打倒「フィット」狙う両者の思惑とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

トヨタがホンダの本気に焦り? 「ヤリス」で打倒「フィット」狙う両者の思惑とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■フィット発表前のヤリス発表はトヨタの先制攻撃?

 2019年10月23日に開幕した東京モーターショー2019。今回のショーで大きな話題となったのはホンダ新型「フィット」の世界初公開で、会場は大きく沸き立ちました。その新型フィット発表の1週間前となる10月16日、トヨタは新型「ヴィッツ」を海外名称の「ヤリス」に変更して発表します。ともに発売は2月を予定しています。

    なぜホンダの技術はマネされない? 他社が「センタータンク」採用しない理由

 初代モデルからライバル関係だった両車は、なぜ同時期の発表・発売となったのでしょうか。

 ヤリスという聞き慣れない名前で登場したこのモデルは、ヴィッツの後継モデルであり、このヤリスという車名は以前から海外で使われているため、実質的に日本では新型ヴィッツと呼べるものです。

 最近では、トヨタ「プリウス」や「アクア」のようなハイブリッド専用モデルの影に隠れていたヴィッツですが、10月16日に20年間続いた名前を、欧州名であるヤリスと変更、新型モデルとして発表されたのです。

 トヨタの豊田章男社長は、ヤリスの発表時に次のようなコメントをしています。

「ヴィッツを始めとするひと昔前までのコンパクトカーは、主にセカンドカーとして使われていました。しかし、今回の新型ヤリスはコンパクトカーの概念を打ち破るために、ファーストカーとしても乗れるクルマにしたいという想いで車名を『ヤリス』に変えました」

※ ※ ※

 もちろん、単なる名称変更ではなく、骨格部分から見直しが図られ商品力も大幅に向上しました。しかし、何よりトヨタの気合いを感じるのが、「10月16日」という発表タイミングです。

 ヤリスのような量販車は、「発表」と「発売」のタイミングが同一であることが多いのですが、新型ヤリスの発売は2020年2月とやや時間があります。

 これに対して、大手広告代理店の関係者は次のように分析します。

「新型フィットが2019年10月23日の東京モーターショーで発表・発売されることは業界内では既定路線となっていました。クルマのなかでも単価の低いコンパクトカーは、購入までの検討期間が比較的短いため、10月にフィットが発売されてしまうと、新型ヤリスが発売する2020年2月には見込み客の多くがフィットに流れてしまうことをトヨタは懸念したのではないでしょうか。

 発売自体を前倒しするのは、販売店側の準備や生産体制構築の問題もあり難しいため、発表だけ東京モーターショーの前におこなうことになったのだと考えられます」

※ ※ ※

 新型フィットは電動パーキングブレーキに不具合が生じたこともあり、結果的に2020年2月の発売となりましたが、トヨタの「先制攻撃」にホンダはどのように反応するのでしょうか。

 一方のホンダは、トヨタの攻勢にも動じることなく横綱相撲のかまえを見せています。ヤリスやマツダ2のように、海外名称に統一する動きがあるなかで、フィットは海外で「ジャズ」という車名で販売しています。他車と同様に海外名称に変更することはないのでしょうか。

 ホンダ広報部は、「『フィット』の名前を変更することはない」と淡白で、ヤリスの発表が新型フィットの発表と重なったことについては「小型車市場が活性化していいこと」と冷静です。

■激化する国内コンパクトカー市場はどうなる?

 最近の国内市場では、軽自動車への注目が大きくなり、続々と新型モデルも出ていますが、コンパクトカー市場は新型フィットの登場によって、どのように変化するのでしょうか。

 2019年10月に相次いで発表されたヤリスとフィット。同年7月にはマツダも「デミオ」をマイナーチェンジのタイミングで車名を海外名称の「マツダ2」に改称しました。日産の「マーチ」も2020年に大幅改良をおこなうとの噂もあり、まさに国産コンパクトカーの戦国時代です。

 2018年の登録車販売台数を見てみると、全体の7位に現行フィット(9万720台)、9位ヴィッツ(8万7299台)、21位デミオ(4万8182台)、43位マーチ(1万2122台)となっています。

 ハイブリッドカーやミニバンなどがランキング上位を占めるなかで、フィットやヴィッツはモデル末期にもかかわらず健闘しており、根強い人気があることがわかります。

 デミオは21位ではありますが、マツダのなかではもっとも売れているモデルです。マーチは決して売れているモデルとはいえませんが、同クラスかつハイブリッドモデルもある日産「ノート」が全体1位の13万6324台となっていることからもわかるように、マーチの需要をノートが吸収していると考えられます。

 2001年に登場した初代フィットは、コンパクトカーでありながら、センタータンクレイアウトによる圧倒的な室内空間の広さを武器に爆発的な売れ行きを見せました。

 2002年にはそれまで33年間新車販売台数トップの座を保持していたトヨタ「カローラ」に代わってランキングトップとなったうえ、その後も2006年に2代目、2013年に3代目へと進化するなかで、特徴である室内空間の広さと燃費性能を磨いてきました。

 一方のヴィッツは、1999年に初代が発売されるやいなや、愛らしいルックスと高い環境性能を武器に、コンパクトカーという市場を切り拓きます。

 2005年に2代目、2010年に3代目と進化してきましたが、その間にトヨタはハイブリッド専用モデルとしてプリウス、そしてヴィッツと同クラスのアクアなどを投入したため、最近ではあまり目立たない存在でしたが、欧州など海外も含めた販売実績ではフィットをもしのぐ数字を叩き出しています。

 発売が予定されている2020年2月。2018年では、フィットが優勢でしたが、2020年はどのような戦いが繰り広げられ、東京オリンピック・パラリンピックが開催される夏には、新型フィットと新型ヤリスのどちらが多く走っているのか楽しみです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース Peacock Blue K.K.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yrv*****|2019/10/29 10:41

    違反報告

    正直、フィットの方が若干でも商品性が高いように感じる(お値段次第ですが)。
    ヤリスには、WRCでの活躍などのスポーツイメージも加味されるわけですし、両者の販売合戦から目が離せませんね。
  • van*****|2019/10/29 10:40

    違反報告

    ヤリスは世界戦略車だからな。
    フィットなんて意識してないだろ。
  • fwj*****|2019/10/29 12:18

    違反報告

    トヨタの後出しじゃんけん商法は大嫌いだ。ライバルのちょっと上を狙って、やってくるところが実に嫌らしい。車はそれなりに評価するが、メーカーとしてのやり方が気に入らない。よってトヨタ車は買わない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します