現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京モーターショー2019はコレが熱い!コンパクトカー編

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.28

東京モーターショー2019はコレが熱い!コンパクトカー編

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2019には、いくつかの市販を予定するコンパクトカーが展示された。

とくにホンダは新型「フィット」とEVの「Honda e」の2台を展示し、注目を集めた。

    東京モーターショー2019はコレが熱い! セダン編

新型フィットは、本来であればすでに販売開始されていたようであるが、搭載する電動パーキングブレーキにトラブルが発生し、延期された(2020年2月販売開始予定)。

したがって、展示モデルはほぼ市販モデルと大差ない。内外装の完成度は非常に高く、とくにインテリアのクオリティはコンパクトカーの域を超えているかもしれない。グレードによっては、本革シート仕様が設定されているのは驚きだ(さすがにシート調整は手動)。

前述のとおり電動パーキングブレーキを搭載するゆえ、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は全車追従型に進化。完全停車時も、しばらくACCが解除されることはない。このあたりは、メカニカルなパーキングブレーキのトヨタ「ヤリス」に対するアドバンテージである。

もう1台の「Honda e」は、ホンダ初の量販EVである。キュートなデザインが可愛いと評判だ。可愛い! と、多くの人が思うエクステリアに対し、インテリア・デザインは可愛いというよりカッコいい。横長の液晶ディスプレイが先進的である。

そうしたなか、なぜ、ウッド調パネルをあしらったのか気になるところ。噂によれば初代「シビック」のオマージュという。「なるほど!」と、思いつつ、はたしてHonda eにウッド調パネルは似合うのか? と、少し疑問も湧く。ユーザーがどう判断するのか気になるばかりだ。

新型フィットとHonda eは、日本のコンパクトカー市場を明るくするのに十分なポテンシャルを秘めている。登場が今から待ち遠しい。

【東京モーターショー2019展示モデル】TOYOTA

「ヤリス」

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」の新型がお披露目された。ヴィッツの名を捨て、グローバルネーム「ヤリス」になる新型の特徴は?

「LQ」

トヨタは、“新しい時代の愛車”を形にしたコンセプト・カー「LQ」を発表した。「人に寄り添う新しいテクノロジーを満載した」と、うたうLQはどんなクルマか?

「超小型EV」

トヨタのふたりのり超小型EV(電気自動車)はどんなクルマか?

(本文より)「免許取り立ての人や高齢ドライバーが、日々の買い物用として気軽に使えるよう、開発されたという。」

「ビジネス向けEV」

トヨタが開発したビジネス向け超小型EV(電気自動車)のコンセプト・モデルは、さまざまな工夫が施されていた!

(本文より)「ドライバーズ・シートは、旅客機のビジネスクラス・シートをイメージしました」

「ひとり乗りEV」

第46回東京モーターショーに展示されるトヨタのひとり乗りEV(電気自動車)に注目! なかにはショー会場で体感出来るモデルもある。

写真は超小型EV。HONDA

「フィット」

新型フィットが東京モーターショー2019で公開された。新型の特徴とは?

(本文より)「フィットで注目すべきは、ハイブリッドのパワートレインが刷新される点だ。これまでの1モーターから2モーターに変わる。」

「Honda e」

欧州で披露済みのホンダのコンパクトEV「Honda e」が、東京モーターショー2019に展示された!

(本文より)「Honda eは、モーターをリアに搭載し、後輪を駆動する。ボンネットにある黒いエア・スクープのような部分は、後ろヒンジで開く給電口だ。」

MITSUBISHI

「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」

東京モーターショー2019の三菱自動車ブースに展示された「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」は、完成度の高い軽自動車だった!

MERCEDES-AMG

「A45 S 4MATIC +」

“世界最強の量産2.0リッター4気筒エンジン搭載”をうたうメルセデスAMG 「A45 S 4MATIC +」が日本に上陸した!

Archivnummer: SSPIP96362MOSMART

「スマート EQ」

メルセデスが手がけるシティ・コミューター「スマート」のEVモデル「スマート EQ」が日本に上陸した。

Die neue Generation: smart EQ fortwo coupéThe new generation: smart EQ fortwo coupéDaimler AG - Global Communication s Mercedes-Benz CarsRENAULT

「ルーテシア」

ルノーのコンパクトハッチ「ルーテシア」の新型(5代目)が、東京モーターショー2019に出展された。日本導入はいつ!?

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • h_m*****|2019/11/02 11:59

    違反報告

    残念ながらFit4は期待はずれ。内装、デザイン、カラーリング、革シートの材質など。運転する気が失せました。
    二人乗りなら三菱ek XやDAYSハイウェイスターやスペーシアギアのKカーのほうが広くてベター。
    Mazda2もコンパクトカー部門で展示すれば良いのに。内装やカラーは他車と比べものにならない位綺麗。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します