現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機など、愛媛県で無人ヘリによる森林状況調査を実施

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.29

ヤマハ発動機など、愛媛県で無人ヘリによる森林状況調査を実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は、woodinfo、リモート・センシング技術センター、マルヨシとのコンソーシアムで愛媛県より受託した「木材増産AI構築モデル事業」のデータ採取のため、10月28日から3日間、同県久万高原町の森林計測を行う。

今回の計測では、産業用無人ヘリ「FAZER R G2」を活用して、地形、樹木の密度や並び、本数・幹の直径をLiDARで測定し、デジタルデータとして把握。コンソーシアムで構築した新たな森林管理支援システム(仮称)を用いることで、適切かつ効率的な森林の経営管理に役立てることが狙いだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2019年4月に施行された森林経営管理法により、森林所有者には森林管理が義務化された一方で、森林の適切な管理に必要な人手の不足、資産価値向上に必要な定量情報が取れていないことが課題となっている。

ヤマハ発動機はこれまで、無人ヘリを通じて水稲を中心とした30年以上の農薬散布機事業を展開してきたほか、火山の噴火や土砂崩れなどの災害現場の観測、山間部の送電線鉄塔のメンテナンス資材の運搬など、空からのソリューション価値提供を続けてきた。今回の事業では、長時間飛行できる無人ヘリの優位性を通じて、空からの高効率な森林計測を行うことで、森林管理における生産性向上への貢献を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mtt*****|2019/10/30 11:33

    違反報告

    実行時期が遅いのは該当会社の問題かそれとも法整備の問題か。すでにラジコンヘリでの水田など種まきや薬剤散布などかなり以前から実施されている。 この国が進まない理由がこのようなところに有るのかもしれないと想像する。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します