現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「クラウンバンでココまでやる!?」1GエンジンにHKSスーパーチャージャーをワンオフ搭載!【W-Option JAMBOREE】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.27

「クラウンバンでココまでやる!?」1GエンジンにHKSスーパーチャージャーをワンオフ搭載!【W-Option JAMBOREE】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

快適性重視でMTからベンコラAT仕様に!?

ウェブオプションの記事を読んでスーパーチャージャー化を決意!

    「クラウンバンでココまでやる!?」1GエンジンにHKSスーパーチャージャーをワンオフ搭載!【W-Option JAMBOREE】

トヨタの大衆車向けエンジンとして、6気筒ならではの静粛性が売りだった1Gエンジンだが、いかんせん6気筒2.0Lというのは力不足。NAのみだったこのGS136Vクラウンバンもそうで、チューニング業界では手に入りやすい後継エンジンの1JZや2JZに載せ換えるのが定番メニューになっている。

ところが、載せ換えをせずにあえて1Gのままスーパーチャージャーを後付けする選択肢を取ったのがオーナーの山田さん。「1JZは2.5Lじゃないですか。それだとクラウンバンの利点の4ナンバーをキープできなくて、税金も高速料金も高くなっちゃうんです」というのが大きな理由のひとつ。

もうひとつ、このクラウンバンは元々MT仕様しか設定されていないものの、快適性アップのためATにミッション載せ換え済み。セダンからECUごと移植してベンコラ化したのである。この状態からエンジンを載せ換えると、せっかく交換済みの駆動系も改めて一緒に交換しなきゃいけなくなる点からも避けたかった。

「親身になって話を聞いていただいたショップもあったんですけど、やはり予算が厳しそうという状況だったんです。そんな時に、ウェブオプションで同じような境遇でS30をスーチャー化した記事が上がってて、もう読んだ直後にショップに電話しました」というのが、ワンオフのスーパーチャージャー仕様を得意とする茨城県のチューニングショップ“KBC”だった。

エンジンルームを見ると、1G-FEユニットにHKSのGT2スーパーチャージャーが見事にマッチングしており、プーリーやベルトを含めたレイアウトにはノウハウが豊富なKBCならではのテクニックが垣間見える。

過給機化に伴って必要となるインタークーラーは、アイアンバンパーを大胆にカットして開口部を作りレイアウト。「わざわざバン仕様にする人は絶対切らないと思うんですが、これは本物のバンだからあえてカットするのも面白いと思って」と山田さん。

足元にも拘りありだ。フロントは16インチのミッキートンプソン(7.5J±0)をツライチにセット。リヤは14インチの鉄チンを鎌ヶ谷ワイドホイールで加工し、スペーサーを使わなくても済むサイズにリバレルしている。フロントアルミホイール、リヤ鉄チンという組み合わせは海外のスタンダードに合わせた形だ。

スーパーチャージャー化の効果は想像以上だった。アクセルを踏むたびに感じていたストレスが、全く無くなるほど低回転からトルクフルに回るエンジンに大変身! パワーは200psくらい出ているそうで、高速巡航でもモタツキなくクルージングできる仕上がりに大満足とのこと。

ここまでやった1Gエンジンには思い入れが強く、来年オーバーホール予定とか。その際に、排気系はノーマルからエキマニとマフラーをチタン製でワンオフすることも計画している。なにはともあれ、ウェブオプションがチューニングの助けになったという事実が本当に嬉しい!

●TEXT&PHOTO:Miro HASEGAWA
●EVENT DATA:W-Option JAMBOREE(2019.10.6)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します