現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 苦渋の決断… 新型「フィット」発売延期に高コスト部品採用とホンダが慎重にならざる得ない理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.26

苦渋の決断… 新型「フィット」発売延期に高コスト部品採用とホンダが慎重にならざる得ない理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■不具合発生で新型フィットが発売延期

 2001年に初代モデルが登場して以来、日本を代表するコンパクトカーとしてライバルを圧倒してきたホンダ「フィット」。

    なぜホンダの技術はマネされない? 他社が「センタータンク」採用しない理由

 東京モーターショー2019で公開された4代目新型フィットは、「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という「日常生活に寄り添う4つの心地よさ」を追求したとホンダは説明しています。

 また、ホンダのプレスカンファレンスで本田技研工業の八郷隆弘社長は、新型フィットが顧客のもとに届くのは「2020年2月」と説明しました。

 新型フィットは、当初は2019年10月に発売される予定でした。なぜ発売が2020年2月に延期されたのでしょうか。

 新型フィットの発売が延期されたのは、電動パーキングブレーキの不具合という予想外の問題があったためです。

 電動パーキングブレーキの不具合は、2019年8月に発売された新型「N-WGN」ですでに発生しており、発売開始から2か月足らずで生産停止になっています。

 新型N-WGNは、軽自動車でありながら高級車にも採用されている電動パーキングブレーキを搭載したことで話題となりましたが、結果的にそれが生産停止の要因となってしまいました。

 なお、新型N-WGNにおいてはパーツ供給が安定したため、2019年12月から生産を開始する予定としています。

 しかし、さらに問題だったのは、同じ電動パーキングブレーキを新型フィットにも採用する予定だったことでした。

 N-WGNでの不具合が完全には解消していない状況で新型フィットを発売することはできず、ホンダ広報部は「販売会社には当初は10月発売と伝えていた」とのことですが、前述の八郷社長のコメントのように、2020年2月の納車を目指すスケジュールとなりました。

 新型N-WGNと新型フィットの不具合の原因となった電動パーキングブレーキも、不具合さえ起こらなければ非常に便利なものです。

 結果として不具合が生じてしまっていますが、新型フィットは多くの顧客を見込むホンダの最重要車種です。

 新型フィットの生産を円滑に進めるため、新型N-WGNで不具合が生じているドラムブレーキの採用を見送り、もともと4WDモデルに搭載していたディスクブレーキをすべてのタイプに搭載することになりました。

 消費者にとっては良い装備が全タイプに採用されるので朗報ですが、ホンダにとっては高コストになるので、苦渋の選択だったでしょう。このクラスでは車両価格を高くはできないからです。

 なお、新型フィットの生産は2020年1月を予定しているとのことで、ホンダ広報部は「現在は生産体制を見直して、歩留まりの改善をしている」と説明します。

■現行型の3代目フィットは不具合によってリコールが連発

 現行モデルの3代目フィットも、発売当初から多くのリコールをおこないました。リコールをすること自体は必ずしも悪いこととはいえませんが、ホンダを代表するモデルでのリコール連発は、消費者に対してネガティブなイメージを与えてしまったといえます。

 3代目フィットで主にリコールの原因となったのは、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を制御するプログラムの不具合でした。このときに問題になった技術は、ホンダと欧州系サプライヤーの共同開発によるものでした。

 一般的に、量販車において海外のサプライヤーの技術を採用することは、コストの面などから折り合わないことがあります。

 しかし、メーカー系列のサプライヤーとのつながりが多い国産メーカーにおいて、系列サプライヤーに限定されず幅広いパートナーの技術を採用することは、良いクルマをつくるために大きなメリットがあります。

 実際に、当時のハイブリッドモデルで国内最高クラスの低燃費性能の実現には、このDCTの技術は必要不可欠でした。そういう意味で、技術の進歩と不具合の発生は紙一重といえるでしょう。

※ ※ ※

 フィットのように数十万台単位で生産されるモデルは、各部品も相当数の量産が必要であり、それぞれ十分な品質を担保していることが重要です。

 もちろん、どれだけ細心の注意を払っていても、一定の割合で不良品が発生してしまうものですが、その割合をホンダが定める基準値まで低くすることに苦心しているようです。

 また、日本での発売に続き、「時期は未定」(広報部)とのことですが、次は欧州での発売を予定していることが発表されました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース Peacock Blue K.K.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します