現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コマツ、使いやすさを追求した新型ミニショベル3機種を発売

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.27

コマツ、使いやすさを追求した新型ミニショベル3機種を発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コマツは、使いやすさを追求した新型ミニショベル『PC18MR-5』『PC20MR-5』『PC25MR-5』を10月、11月に発売する。

PC18MR-5は、ブームシリンダ背面配置構造を採用したことにより、ダンプへの積み込み時や深堀り作業時にシリンダをぶつける心配をすることなく作業可能。さらに複合操作性が加わることで作業効率を同社従来機に比べて15%向上させている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

PC20MR-5/PC25MR-5は、スイングシリンダを車体の左側に移設したことで、左スイング時の車体からのはみ出し量を大幅に縮小。壁際での作業時にシリンダのはみ出しを気にせず安全かつ快適に作業できるようになった。

また、PC20MR-5は標準仕様だけでなく、キャノピ、アームクレーン仕様でも機械質量を2t未満に抑えたほか、今回新たに2.5tクラスに追加したPC25MR-5は、フル装備でも3t未満に収まる設計。それぞれ2tトラック、3tトラックで遵法輸送が可能で、高い輸送性を実現している。

さらに、3機種に共通して、左右どちらからでも乗り降りできるウォークスルーフロア構造を採用したほか、3~5tクラスの上位機種と共通のセミハイバックシートの標準装備と広々した足元スペースの確保により快適なオペレーター空間を実現。また、安全面では、ロックレバーロック解除スイッチや、シートベルト未装着警報を新たに追加して安全性を高めている。

価格(工場裸渡し・消費税別)はPC18MR-5が310万円、PC20MR-5が340万円、PC25MR-5が380万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zen*****|2019/10/27 08:31

    違反報告

     背面シリンダーを大型機では採用しないのは、ブームをぶつける心配がないのか力学的に無理があるのか気になる。旋回はそりゃ小さい方が便利だろうけど、どんどん狭い場所に持ち込むために小旋回になっててオペレーターはストレスたまるだろうな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します