現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドイツを中心に輸入車では流行! 日本が先駆者なのに4ドアクーペの国産車が登場しないワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.26

ドイツを中心に輸入車では流行! 日本が先駆者なのに4ドアクーペの国産車が登場しないワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4ドアクーペの元祖は国産のトヨタ・カリーナED!

  メルセデスの「CL#」シリーズや、BMWの「グランクーペ」などなど4ドアクーペと呼ばれるクルマが増えている。いまや世界的なムーブメントともいえるが、その元祖といえるのは、じつは日本車だ。それが1985年に誕生したトヨタ・カリーナED。4ドアでありながらクーペ的なフォルムを実現した、このクルマこそ4ドアクーペのルーツといえる。EDというサブネームは「エキサイティング・ドレッシー」の頭文字に由来するもので、とにかくスタイリッシュな4ドア車という新しいジャンルを生み出した。

    乗るだけでオンナ度アップ! 背伸びしてでも大人の女性が乗るべき美人クーペ6選

  そのカリーナEDは、のちにコロナEXiVという兄弟車も生み出すほど、一大ブームを巻き起こした。さらにトヨタではカローラセレス/スプリンターマリノといったCセグメントの4ドアクーペもラインアップした。他社においてもマツダがペルソナという新型車で4ドアクーペのカテゴリーに参入するなど4ドアクーペが国内市場のカテゴリーとして存在していた。

  もっとも5ナンバーサイズであることが必須といえる時代で、幅が1.7m未満でありながらクーペ的な低いルーフラインを実現するために室内は狭くなってしまう。けっして実用的な4ドア車ではないが、2ドアクーペよりは使い勝手が良いという視点から人気を博したといえる。

  現在のドイツブランドを中心とした4ドアクーペのブームも基本的には同じ流れといえる。2ドアよりは使い勝手がよく、しかしスタンダードな4ドアセダンよりはスタイリッシュなクルマへのニーズに応えた商品企画だ。また、日本で4ドアクーペが流行ったときには室内の狭さが課題となったが、全幅1.8m級のボディであれば絶対的な全高は低くなくともクーペ的なシルエットとしやすく、室内高もそれなりに確保できる。そういうわけで、4ドアクーペのネガが減ったことも、そのブームの背景にあるといえる。

  では、なぜそうしたムーブメントを国産各社が追いかけているように見えないのか。

 日本ではクーペ的なシルエットのセダンが主流

  あくまで推測だが、以前の4ドアクーペ・ブームを経験したことで、長く続かない一過性のムーブメントとして捉えているという面があるだろう。ルーツといえるカリーナEDにしても3世代で終わっているし、熱狂的なブームといえたのは本当にわずかな期間だ。それ以外の4ドアクーペは、ほとんどがひと世代で終わっている。

  また、国産メーカーにおいては、あえてオーソドックスな4ドアセダンと4ドアクーペを作り分けずに、クーペ的なシルエットの4ドアセダンを用意するという選択をしているという風に見ることもできる。トヨタでいえば、最新のクラウンやレクサスLSのフォルムは4ドアセダンとしては流麗なルーフラインで4ドアクーペ的なニーズにも応えようとしていることが感じられる。東京モーターショーにおいてジャパンプレミアを飾る予定のホンダ・アコードにしてもロー&ワイドをコンセプトとしたスタイリングは4ドアクーペ的だ。

  かつてのように4ドアセダンはフォーマル性だけを求められる時代ではない。日本車は4ドアクーペに手を出さないのではなく、むしろ4ドア車が全体的に実用性を兼ね備えた4ドアクーペ的な方向にシフトしていると捉えるとしっくりくる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します